j-tdIf1GPGI
  • 教育方針
20180523_3.jpg

ビジネス心理学科の3つのポリシー
(ディプロマポリシー・カリキュラムポリシー・アドミッションポリシー)

 安田女子大学心理学部は、建学の精神「柔しく剛く」に基づき、心の専門家として個人と社会のニーズに応えることのできる人材を育成し、有為な人材として社会に送り出すことを目的として、心理学に関わる諸学の知識を入学者に広く深く授け、知的・道徳的及び応用的能力を育成するとともに、専門学術の研究を展開してきました。
 本学部ビジネス心理学科では、その教育的側面をこれまで以上に充実するために、3つの方針、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマポリシー)、教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)及び入学者受入れの方針(アドミッションポリシー)を、以下のように具体的に定めています。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマポリシー)
・養成する人材像
     本学で養成する人材像に基づき、本学科で養成する人材像として「人間行動に関わる心理学の知識と技術を礎に、社会学・経営学・経済学など(以下「関連諸領域」という)に関する知識を併せて修得し、人と人、人と集団、集団と集団の相互作用の中で諸資源を活用して行う活動(ビジネス)に対し、的確にニーズをつかみ、臨機応変に対応し、ビジネスの現場から社会をより良い方向に導く役割を担える人材」を掲げます。

・教育目標

 本学科で養成する人材が卒業時に身に付けておくべき能力・態度を達成することを本学科の教育目標とします。
 本学科で学ぶ学生には、卒業までに次の6つの能力・態度を身に付けることが求められます。

    • (1)良き社会構成員としての倫理観・使命感
       豊かな人間性と高い倫理観を身に付けている。さらに、生命及び人間 の尊厳に対する畏敬の念をもとに社会に携わる、良き社会構成員としての使命感を身に付けている。
    • (2)心理学及び関連諸領域を学修した者として社会に貢献するために必要な知識・技能・態度
       心理学は、人間の心的過程について、実証的、客観的に解明する基礎的学問分野であると同時に、関連諸領域の知見と手を携えることによって教育、福祉、工学、犯罪防止等、様々な領域の社会的問題の解決に適用できる実践性を発揮できる学問分野である。このような心理学及び関連諸領域を学修した者として、基礎と応用に関わる十分な知識・技能・態度を修得している。
    • (3)現代社会の複雑で急激な変化と課題に対応できる思考力・判断力・表現力
       心理学及び関連諸領域の学修を通して獲得した、人間の心的過程や、個人と社会、環境との相互作用について実証的、客観的に検討、分析、説明する手法と、学修した専門的知識を駆使して、自ら課題を発見し、課題の解決に取り組むことのできる思考力と判断力、課題解決の成果を的確に伝えることのできる表現力を身に付けている。
    • (4)自立性の確立
       心理学及び関連諸領域の学修を通して身に付けた、自己と他者、そしてそれらを取り巻く環境を客観的に分析し諸々の問題解決に主体的に臨む態度と能力により、自己を律し、自ら主体的に他者や社会に関わる自立性を確立している。
    • (5)社会性を支える双方向的コミュニケーション能力
       人間の心と行動のパターンの一般的法則や原理だけでなく、その多様性についての理解に基づくコミュニケーション能力を身に付けている。
       そのコミュニケーション能力は、他者と積極的に意思疎通を図り、他者とも連携・協働して実社会で活躍できる能力につながる。
    • (6)多様性の受容と理解
       心理学及び関連諸領域の学修を通して、個人差、文化差、また、発達的変化、状況等による人間の心的過程の多様性と可塑性について理解している。
       この多様性の受容と理解により、社会において自らの価値観や視点と異なる他者を受容・理解し、他者と協力して学び合うことができるだけでなく、人を思いやる柔軟な態度も身に付けている。

・卒業の認定及び学位の授与
     「養成する人材像」で示した6つの能力・態度を身に付け、本学科の教育課程に定められた所定の単位を修得した学生には、卒業を認定して学士(心理学)の学位を授与します。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

 本学科で学ぶ学生一人一人が本学科での学修を円滑に開始し、学士課程を通して広く深い学識を身に付け、あわせて豊かな人間性と高い倫理観、さらには課題解決能力を身に付けて卒業認定・学位授与の方針(ディプロマポリシー)を達成し、社会の中で主体的に行動できる人材になることができるように教育を行います。
 これらの教育を実現するための方針が、教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)ですが、以下ではその中心となる教育内容、教育方法及び学修成果の評価について記載します。


・教育内容

 大学及び学部の目的に沿って、心理学のみならず関連諸領域の学問を習得することによって、豊かな知識を基本にした確かな判断力と果敢な実践力の育成を通じて、豊かな人間性と高い倫理観を持った社会人を養成することを学部・学科教育の基本方針とします。
 具体的には、心理学諸領域の基礎知識と、社会学・経営学・経済学などの関連諸領域の知識を有機的に連結した4年制教育課程を編成しています。この課程の学修を通じて心理学を基礎に全方位を俯瞰できる能力を育てます。
 すべての授業科目に一般目標(GIO:General Instructional Objective)と到達目標(SBO:Specific Behavioral Objective)を定め、これらの目標の達成によって、卒業の認定・学位授与の方針(ディプロマポリシー)を実現します。
 本学科における主要な教育内容は、次の6つにまとめられます。

    • (1)良き社会的構成員としてのヒューマニズム・倫理観の育成
       良き社会的構成員には、人を思いやる真摯で節度ある態度(ヒューマニズムと倫理)が求められます。
       共通教育科目の教養科目「人間理解」の科目群に加えて、専門教育科目の「人間学Ⅰ・Ⅱ」などを通して、ヒューマニズムや倫理観を育成します。これらの教育は、入学から卒業までの4年間、他の専門教育科目の講義や演習でのグループ学修においても、途切れることなく続けられます。
    • (2)心理学及び関連諸領域を学修した者としての知識・技能・態度の育成
       心理学における基礎から専門にわたる専門知識の教授と並んで、社会学・経営学・経済学などの関連諸領域においても基礎から専門にわたるカリキュラムを編成し、社会に有為な存在を育成します。
    • (3)問題点を自ら発見して解決するための応用力の育成
       社会では、事象をよく観察、分析し、効果や危険を予測して的確な判断を下す能力が求められます。
       そのような能力を身に付けるために、すべての授業科目でそれに配慮しますが、特に第3・4年次には卒業必修科目として「卒業研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ」を開設し、科学的根拠と論理的考察を基に問題を解決する応用力を涵養します。さらに4年間の学修の集大成として取り組む「卒業論文」では、課題の発見・解決、そして成果発表のための総合的能力を身に付けます。
    • (4)自立性の確立
       社会の様々な現場で力を発揮するためには、社会の変化やそこで起こる諸問題に積極的に対応するための自立性が求められます。
       そのような自立性を身に付けるために、本学科では自ら課題を発見して論理的に解決の道筋を探求する力を育成する「社会心理学演習Ⅰ・Ⅱ」、「ビジネス心理学演習Ⅰ・Ⅱ」及び「卒業研究」等を開講します。
    • (5)社会性とコミュニケーション能力の育成
       社会の一員としてその能力を発揮するには、他者と積極的に意思疎通を図り、連携・協働できることが必要です。
       本学科では、そのような能力を「心理学演習」、「心理調査法」及び「卒業研究」におけるグループワークやディスカッションを通した他者との関係性の中で培います。
       共通教育科目の「英語コミュニケーション」では、英語による情報収集・発信のための基礎的能力を身に付けます。
    • (6)多様性を受容して理解する能力の育成
       自らの価値観や視点と異なる他者や文化の多様性を受容して理解すること、人々と協力して学び合うこと、他者を思いやるやさしさは、複雑化・国際化する現代社会を生きるために欠かせない能力です。
       本学科で学ぶ学生は、心理学専門科目の演習、「教養科目」、「まほろば教養ゼミ」で実施される講演会、「まほろば教養ゼミ」での討論(SGD:Small Group Discussion)を通じ、そのような能力を身に付けます。

 これらの教育内容は、(1)特別科目、(2)共通教育科目、(3)専門教育科目で構成されています。このうち(1)及び(2)の授業は全学に共通ですが、(3)の授業は講義・演習・実習を適切に組み合わせながら本学科で独自に実施しています。
 これらの科目の具体的な内容は、次のとおりです。

  • (1)特別科目
     建学の精神「柔しく剛く」に基づき、「まほろば教養ゼミ」を入学時より4年間開講します。
    具体的な内容としては、倫理性を培い、総合的な判断力、豊かな自己表現力の獲得を目指して、「安田を知る」、「学びを知る」、「自分を知る」及び「社会を知る」を活動の軸に教員と学生が協働して運営しています。
  • (2)共通教育科目
     基礎科目、教養科目及びキャリア科目で構成されています。
     これらの科目は、学部・学科の垣根を越えて編成されたクラスで授業が実施されるため、専門の異なる学生とともに多彩な授業科目を学ぶことができます。
     各科目の具体的な内容は、以下に記載するとおりです。

    基礎科目: 基礎科目は、3つの目標(①大学への適応、②学修スキルの修得、③将来に向けての学びの計画作り)を達成するための初年次教育です。
     具体的には、多様な情報を収集・分析し、効果的に活用する技術を習得する「情報処理科目」、国際社会で活躍する職業人育成の基盤となる「外国語科目」、健康で豊かな生活を送るために必要な運動技術・知識を習得する「健康スポーツ科目」、大学での学びを円滑に進めるための基礎学力を固める「基礎養成科目」で構成されています。


    教養科目: 複雑化、多様化する現代社会を生きるために求められる基礎知識の修得と市民性の涵養を目指し、人文科学、社会科学及び自然科学について、それぞれの基本的視点・考え方を学びます。


    キャリア科目: 自身の人生設計のための知識や考え方を修得するともに、社会の中で必要とされる思考力、判断力、表現力を身に付ける講義、演習及び実習から成り立っています。

  • (3)専門教育科目
     ①「基礎科目」、②「応用科目」、③「展開科目」及び④「実践科目」から構成されています。 ①「基礎科目」は、「学科基礎」及び「心理学基礎」に分かれています。
     「学科基礎」は、文字どおりの専門基礎科目の入門科目としての「ビジネス心理学総論」、本学科を構成する心理学と関連諸領域の二つの柱の入門科目として「心理学概論Ⅰ・Ⅱ」、「社会学概論Ⅰ・Ⅱ」及び「経済学」で構成されています。
     「心理学基礎」は、心理学への専門的入門科目として「発達心理学Ⅰ」、「認知心理学Ⅰ」、「社会心理学Ⅰ」、「人間学Ⅰ」及び「経済心理学」等、さらに「臨床心理学Ⅰ」、「心理学演習」及び「心理調査法」等でそれぞれ構成されており、理論的部分から心理学的技能習得の手掛かりまで展開しています。
     ②「応用科目」は、応用のための諸理論を「ゲーム理論」、「学習心理学」、「生理心理学」、「家族心理学」及び「コミュニケーション心理学」を通して学び、実践的応用能力涵養のために「臨床心理学演習」、「社会心理学演習Ⅰ・Ⅱ」、「心理と統計Ⅰ・Ⅱ」及び「統計学」等を開設しています。
     ③「展開科目」は、「心理学展開Ⅰ」(社会心理領域)及び「心理学展開 Ⅱ」(ビジネス心理領域)に分かれています。
     心理学展開Ⅰ(社会心理領域)では、「環境社会学」、「グローバリゼーション論」、「地域社会学」、「産業社会学」及び「経営社会学」などの社会の様々な位相を細かく知るための科目群を開設しています。また、同展開Ⅱ(ビジネス心理領域)では、応用のための理論習得のために、専門的入門科目の同展開Ⅰを発展させた「集団心理学」、「組織行動論」、「産業・組織心理学」及び「消費者行動学」等によりビジネス関連分野への展開を図っています。さらに、「卒業研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ」及び「卒業研究」を通して、社会の様々な場面での課題発見・解決能力の育成、そして論理性と批判的実証的態度に裏付けされた研究マインドの醸成を図ります。
     ④「実践科目」は、「調査概論」、「ビジネス心理学演習Ⅰ・Ⅱ」及び「ビジネス心理ワークショップ」で構成されており、実践能力を発展させることができるよう体系的に編成されています。

・教育方法
  • (1)多様な授業形態
     専門教育科目は大きく分けて、心理学及び関連諸科目の知識習得を目的とした講義科目と、心理学及び関連諸科目の研究手法などを学び、その技能習得を目指す演習・実習科目を開設しています。
     社会で通用する実践力を身に付けた人材を養成するために、講義で修得した知識が、様々な形式の演習を通じてより確かなものになるよう、専門教育科目では、講義と演習が系統的かつ有機的に組み合わされて配置されています。
  • (2)グローバル化や情報化の進展
     ICT教育、多様な価値観や異文化を理解するための語学教育(特に英語教育)及びグローバル教育を実施するとともに、海外留学制度を充実させます。
    ICT教育及び英語教育は、習熟度に基づく少人数クラスで行います。
  • (3)シラバスによる授業の目標・内容・方法・評価方法の明確化
     シラバスには、教育科目、一般目標(GIO)、到達目標(SBOs)、授業内容、授業方法及び評価方法が明記されています。
  • (4)教育課程の明確化
     教育課程の体系を明確に可視化するために、授業科目のナンバリング及びカリキュラム・マップを作成して公開しています。
     これらのことから、学期と年次の進行ごとの学修の進展、授業科目間の相互関係を容易に把握することができます。
  • (5)学生参加、自主的、能動的学修の推進
     論理的思考力、課題発見・解決能力及びコミュニケーション能力を育成するため、アクティブ・ラーニングを実施します。
     具体的には、課題解決型学修(PBL:Project-Based Learning)や少人数での討論(SGD)を取り入れた少人数教育科目や統合教育科目を開講しています。
  • (6)体験型学修の推進(視野の拡大と経験の拡充)
     さまざまな職業人に求められる広範な視野や視点を身に付けることを目的として、キャリア教育科目(共通教育科目)、演習・実習科目及び他学科履修科目(他学科専門教育科目)の中に、実社会・地域社会の多様な人々との協創を主体的に体験できる授業科目(学修機会)を設けます。
     多様な価値観や異文化を理解するために、海外留学制度を充実します。
  • (7)CAP制度
     授業外の学修時間を確保し、単位制度の実質化を図るため、履修登録ができる単位数の上限を定めるキャップ(CAP)制度を設けています。
  • (8)チューター制度
     各学年のクラスにはそれぞれ担当教員(チューター)を配置し、学生の学修・生活両面での相談に乗って助言を行います。
    なお、どの教員もオフィスアワー(OH)を少なくとも週3時間は設け、その時間を使って学生からの相談に対応する環境を整えています。
  • (9)教育の質の確保
     高い教育の質を保証するため、教員に対しては、教育者としての行動を律する「教職員行動指針」及び「教育に関するガイドライン」を定めています。
     さらに教員の教育資質を高めるための研修会(FD)のほか、教員自身による教育活動に関する自己点検・評価を実施します。学生による授業評価アンケートも、継続的に実施しています。

・学修成果の評価
  • (1)成績評価
     学位授与の方針(ディプロマポリシー)に掲げた知識・技能・態度について、それぞれの達成度を評価します。
     各授業科目の担当教員は、あらかじめシラバスに明示された成績評価方法に従い、学修成果を客観的かつ公正に評価します。
     卒業研究における計画と実施(卒業研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ)は、卒業研究を実際に指導した教員が評価を実施します。また、卒業研究の成果をまとめた発表については、学科の複数の教員が審査した後、全員で審議して最終評価を行います。
  • (2)GPA制度の採用
     学生の成績を客観的・相対的に把握するためにGPA(Grade Point Average)制度を採用しています。
     チューターは、GPAを使い、CAP制度(履修登録単位数の上限設定制度)の基での履修指導のほか、担当クラスに属する学生への学修指導も行います。
  • (3)学修状況調査
     学生は、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマポリシー)に掲げた現代心理学科の卒業時に身に付けておくべき能力・態度・知識・技能について、それぞれの達成度を毎年度の終わりに自己評価(5段階評価)します。個々人の結果と各学年別の平均値の結果は、次年度の始めに学生にフィードバックされます。学科では、学年進行に沿っての個人と学科全体の達成度の変化を確認することができます。


入学者受入れの方針(アドミッションポリシー)

 全学共通の「建学の精神」に加え、学科独自の「卒業認定・学位授与の方針(ディプロマポリシー)」と「教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)」に沿った教育を行う本学科では、広島県のみならず近隣県や全国各地から広く多様な入学者を受け入れています。
 その選抜に当たっては、受験生の能力・適性だけでなく、その学習歴にも配慮して入学試験を実施しています。
 前述の入学者選抜方法の背景にある入学者受入れの方針(アドミッションポリシー)に定める「求める入学者」、「入学者に求める能力」、「入学前教育」及び「入学試験制度と評価・判定方法」は、以下のとおりです。


・求める入学者
     本学及び本学科で求める能力・適性を有する人材を養成するために、次のような人を求めています。
  • (1)人間の心や行動(心理)と社会での現象について、実証的に理解するための基礎学力と意欲のある人
  • (2)心理学を探求、研究し、その成果を個人の内面への適用に加えて、広く社会に対して適用することに対し意欲を有する人
  • (3)学業、課外活動、社会的活動等に積極的、持続的に取り組む熱意のある人

・入学者に求める能力
  • (1)高等学校卒業程度の十分な基礎学力と、本学の教育及び心理学及び 関連諸領域の教育に耐え得る基礎学力
  • (2)社会的な問題についての関心及び科学的な思考力
  • (3)日本語・英語での読解、表現、コミュニケーションに必要とされる基礎学力
  • (4)社会で活躍するために必要な知識・技能・態度を、入学後の学修を通して修得できることに加え、自ら課題の発見と解決に取り組むことのできる思考力・判断力・表現力
  • (5)多様な人々と協力して学び合うために必要な主体性・協調性・知的好奇心・旺盛な学修意欲

・入学前教育
       大学教育を受けるに必要な基礎的能力の向上のため、入学予定者に課題、学修項目、参考図書等の提示を行い、大学での学修が円滑に開始できるようにします。


・入学試験制度と評価・判定方法

 本学科で学ぶために必要な知識・技能、思考力・判断力・表現力及び意欲・適性を見るために、入学試験を公正に実施します。
 各入学試験の合格者判定に当たっては、個別学力検査(大学入試センター試験も含む。)の結果、出願書類(調査書、自己推薦書、志望理由書等)、さらに必要に応じて面接試験を組み合わせ、多面的・総合的に評価・判定を行います。



学部学科の3つのポリシー