理工学部 情報科学科 理工学部 情報科学科
「情報科学科」は、情報技術3分野7領域を横断的に学び、Society5.0で必要とされる発信力・表現力・課題解決力を兼ね備えた人材を養成します。

学科ニュース

学科基本情報

概念図|情報科学科

学科の特色

情報理論に基づく定量的な評価を用いて、社会課題を正確に理解し、解決に必要となる情報システムの設計・開発から実装・運用まで行うとともに、人間の能力を援助する快適なヒューマンインタフェース環境を構築できる人材を養成します。卒業後は実践力のあるエンジニア、人工知能やDXを扱う課題解決型人材、WEBや映像、ゲームのクリエイターなど、情報技術で未来を築くことのできる人材をめざします。

卒業後の進路

実践力のあるエンジニア

WEBエンジニア
システムエンジニア
ソフトウェア開発エンジニア
ネットワークエンジニア
セキュリティエンジニア

未来を予測できる課題解決型人材

ITスキルを持つ課題解決型総合職
(企画、マーケティング等)
データマイニングエンジニア
DXエンジニア
人工知能エンジニア

次世代クリエイター

WEBクリエイター
DTPクリエイター / 映像クリエイター
ゲームプログラマー・クリエイター
画像システム開発エンジニア

授業紹介

情報技術3分野を横断的に学び
発信力・表現力・課題解決力を身につける

汎用性の高いプログラミング言語(Python)を中心に扱い、1〜2年次で情報技術の基礎を学び、3年次以降で専門性を深化させます。情報倫理や社会学も学び、デジタルメディア、ヒューマンインタフェース、データサイエンスの3分野から複数の領域を選択し学修します。

情報科学科 授業紹介

学科トピックス

教育の特長

3年次には、社会課題に対する具体的な解決策を模索するため、行政や企業と連携し課題解決型のプロジェクトワークに挑戦します。異なる背景や専門分野を持つメンバーで協力して課題発見から解決策の設計、その実装まで一貫して取り組むことで社会での即戦力を身につけます。

情報科学科 授業紹介

※掲載内容は構想中のものであり、今後変更となる場合があります。