• 授業紹介

授業紹介

  • ランドスケープデザイン論

    美しい景観を創る要素を学ぶ

    ランドスケープは日本では景観と呼ばれます。この授業では主に都市の景観を作る要素、例えば街路や公園、広場、水辺、建築、商業空間などのデザインについて、その効果や歴史、デザイン手法など基本的な考え方を学びます。

  • 建築リノベーション論

    使い捨てしない、建築の新しい形

    日本の建物は平均で30年程度で新しくする傾向があるのに対し、海外では100年以上使われることもあります。昨今の空き家問題などを踏まえ、古き良き建築を新たな価値で再生するリノベーションについて、その手法と魅力を学びます。

  • 空間デザイン論

    「居心地の良さ」を創るテクニック

    例えば、リビングとダイニングの間に少しの段差をつけることで、二つの空間の区別や特定の雰囲気を作り出すことができるなど、空間デザインにおいては機能的・美観的な効果を持つ数多くの技法があります。この授業では様々なテクニックとそれを駆使する力を身につけます。

  • スタジオ設計演習

    没頭できる環境で創造力を高める

    4年次には一人ひとりに用意された個人設計スペース(スタジオ)の製図机とパソコンを使って、集合住宅から公共施設、商業空間の設計課題に挑戦。設計の機能と空間の関係を追究し、より高度な設計技術の習熟を目指します。

  • 建築キャリアデザイン

    省エネ×快適、次世代のスタンダード

    カーボンニュートラルや温室効果ガス削減など世界的な課題を背景に、建築においても省エネルギー問題は重要な事項となっています。この授業では、建築の温熱・空気・光・音環境に注目し、室内の快適性を保つ知識を学びます。

  • 福祉環境論

    誰もが暮らしやすい住まい

    高齢者や障がい者、子どもや妊産婦など、すべての人が快適に暮らせる住まいの課題について考察します。また、少子化による核家族問題、昨今の気候変動などに伴う災害被災地における生活環境と支援等も重要なテーマとして扱います。

  • 建築構造力学Ⅰ

    安全な建築、人を守る力学

    自然災害が多い日本で、建物は人々を守る役割があります。設計者は見た目のデザインだけでなく、安全な構造を考える義務があります。この授業では、建物の強さや安全性に関わる基本的な力の仕組みを学び、構造計画および設計に必要となる力学的な知識を修得します。

  • インテリアデザイン演習Ⅰ

    空間を彩るインテリアの提案と魅せ方

    分譲マンションや商業空間などのインテリア・家具などを具体的に計画・設計します。作品の魅力をアピールできるようなパースやスケッチ、模型とプレゼンボードを作成しプレゼンテーションを行うことで、デザイン力だけでなく他者へ伝える力も高めます。

  • 海外建築研修

    世界の建築からインスピレーションを得る

    ヨーロッパをはじめ、歴史的な建築物や都市を自分の目で見ることで、建築学に対するモチベーションを高めるとともに、専門的職業「建築家」としての視野を広げます。また、自身の作品作りにおいても大きなインスピレーションを得ることに繋げます。

  • 国内建築研修A(建築視察)

    国内の著名な建築を肌で感じる

    雑誌や本の写真で見た著名なまちや建築物、ランドスケープも実際に見ないとその感動は伝わってこない。この授業では、京都や金沢の街並みや歴史的建築物の見学、地域活性化の取り組みなど、国内の著名な都市やランドスケープを対象として、肌で感じる体験的学修を行います。

  • 建築フィールドワーク

    見慣れた風景から未来を描く

    まちでのフィールドワークを通して、得た情報を自らの視点で解釈し、未来の新しい都市のアイデアを考えます。ありふれた風景や物、坂や音、コンビニ、空き地などの日常風景を素材にしながら、誰も見たことのない風景を構想することで独創性を追求します。

  • 近現代建築史

    建築の歴史と進化

    この授業では、近代~現代にいたる建築の文化的、歴史的側面を理解し、合理主義、ポストモダン、持続可能性の考察など建築思想の変遷を学び、その延長線上にある現代建築を多面的に考察することで、これから創造する建築への発想力を修得します。

  • 建築基礎数学

    建築を学ぶ土台を作る

    建築物の解析や研究には、三角関数や方程式などの数学的基礎知識が必要です。この授業では高校までに学ぶ基礎知識を復習・整理するとともに、阪神大震災や東日本大震災などの事例を紹介しながら、建築物における構造計算の重要性を学びます。

  • 色彩学

    色彩の力を建築に生かす

    私たちは色に囲まれて生活していますが、色彩をどう認識しているのでしょうか。この授業では、色の科学的要素や色彩の心理、色の性質と特徴を学び、色彩の調和やカラーコーディネートによって、豊かな建築空間をデザインするための知識を修得します。

※掲載内容は構想中のものであり、今後変更となる場合があります。