tbP1N9DwJJM
  • 学科基本情報

学びの内容

社会のニーズや課題に対応した「新しい価値を創造」できる行政・公共政策分野のスペシャリストを育成。

学科の目的

「経済」「経営」「公共」の知識と幅広い教養、コミュニケーション能力、情報化・グローバル化に対応する交渉能力を兼ね備え、行政・企業・NPOなどの組織において社会のニーズや問題に対応して「新しい価値を創造」し、社会・地域の発展に寄与できる人材を養成します

学科の特色

幅広い公共の仕事にも対応できる教育体制

公共経営に関する専門知識の他、ビジネスの基礎をしっかり学ぶことで、社会で活躍できるスキルと実践力を培います。その上で、専門知識を進化させ、地域・行政・福祉・環境などの課題を多角的に捉え、複雑化する社会の変化・構造に柔軟に対応できる能力を身につけます。

早期の見学実習

1年次に官公庁や非営利団体などで見学実習を実施します。行政や公共経営・政策分野で必要な知識・能力を学生に認識させることで、大学で学ぶ意味と学修の意義を明確にし、学修意欲を高めます。

アクティブ・ラーニングによる能動的な学修

グループディスカッション、ディベート、実践的なプレゼンテーションなどを繰り返し行うことで、理解力、論理的思考力、能動的に物事に取り組む力、豊かな想像力を育成します。また、グループワークやフィールドワーク等により、課題に対して調査・分析・解決の検討をするというプロセスを進めることにより、実践的に活用できる力を身につけます。

ICT教育の推進

本学では、学生1人に1台ノートパソコンを配付しており、パソコンを活用した授業や自習、アクティブ・ラーニングができる施設・環境等を整備しています。公共経営学科では、全学部共通で開講される「情報処理基礎Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ」「情報処理演習A・B・C・D」の科目の他に、『専門教育科目』において必修科目「データサイエンスⅠ・Ⅱ」、選択科目「データサインエンス演習Ⅰ・Ⅱ」「ビジネス情報処理演習」「情報マネジメント演習」の科目を開講し、ICT教育の推進を図っています。

2020年度入学生カリキュラム

kokyo_cal2020.png

公務員志望者支援プログラム

全学部生を対象とした「公務員志望者支援プログラム」を用意し、学習支援センター、キャリアセンター、公務員スクール(外部)が協働して、多彩なバックアップ体制を構築しています。

komuintaisaku_gainen2.png



取得可能な資格

社会調査士資格