教育学部 幼児教育学科 教育学部 幼児教育学科
「幼児教育学科」は、子どもたちの豊かな人生を創造し、幼児教育・保育分野の未来をけん引する保育者を養成します。

学科基本情報

概念図|幼児教育学科

学科の特色

人生のスタート期であり、人間形成の基礎が培われる乳児期・幼児期のそれぞれの発達特性に応じた関わり方について、理論と実践の往還的な学びにより専門性を高めます。幼児教育・保育の基本領域を学んだのち、脳科学や小児科学、人類学などさまざまな視点から子どもが発達・成長するメカニズム・関わり方を修得するとともに、効果的な教育環境の構成と評価のあり方について学びます。

取得可能な資格

幼稚園教諭一種免許状

保育士資格

准学校心理士資格

養護教諭一種免許状 ※1

小学校教諭二種免許状 ※1

※組み合わせにより取得できない場合があります。
※1 幼稚園教諭一種免許状を取得することを前提に、他学科の教職課程を履修し、免許状を取得することが可能です。個人の履修状況や時間割等により、修業年限内での免許取得が難しい場合があります。

卒業後の進路

公立幼稚園教諭・保育士・保育教諭
私立幼稚園教諭・保育士・保育教諭
福祉施設保育士
児童指導員
保育・教育関連企業 など

学科トピックス

教育の特長

近隣の幼稚園・保育所・認定こども園の子ども達を招き、学内の大ホールで学生が劇を披露する「安田こども劇場」や大学敷地内の付属幼稚園で行うボランティア活動などを通して確かな実践力を育みます。また、専任スタッフによる模擬試験、集団面接対策や教職センターによる支援など、採用試験対策も充実しています。

幼児教育学科 授業紹介

※掲載内容は構想中のものであり、今後変更となる場合があります。