loading
安田女子中学高等学校

保護者限定サイト

このページは在校生・保護者専用のサイトです。

保護者専用サイトへ
在校生 各種証明書
  • 1.証明書の種類
    • 証明書等交付願
    • JR生徒旅客運賃割引証交付願
    • 学校感染症等治癒証明書
    • インフルエンザ治癒報告書
  • 2.証明書ダウンロード
    下記より、PDF形式で各種証明書のダウンロードが可能です。
警報発令時について
台風接近時の場合
  • 午前6時の時点において、特別警報・暴風警報が発令中であれば自宅で待機。
  • 午前8時の時点において、特別警報・暴風警報が解除されていないときは休校。
  • 午前8時までに特別警報・暴風警報が解除されたときは、午前 10 時始業。
  • その他の警報発令中の場合は、原則として登校。

ただし、次のような場合は、保護者の判断で生徒の登校を停止。

  • 風や雨がますます強くなり、登下校に危険な状態であると思われる場合。
  • 近所あるいは通学途中に、がけ崩れ・橋の破損・堤防の決壊・浸水などがあって、登下校に危険な状態であると思われる場合。
  • 地域の学校が登下校停止の処置を取っている場合。
大雨の対応について

梅雨期の大雨については、以下のように対応いたします。

  • 前日対応 … 大雨の予報が前日から出ている場合
    翌日の対応を生徒には終礼で、保護者の方にはラインネットでお伝えします。
    なお生徒の下校後に対応を決定した場合は、ラインネットでお伝えします。
  • 当日対応 … 未明、早朝に大雨の予報・公共交通機関運休や予定が発表された場合
    未明、早朝に大規模な降雨の予報が発表されたり、各公共交通機関から運休や予定が発表された場合、その程度や影響を判断し当日の登校・授業について午前7時30分を目処にラインネットでお伝えします。
    遠方から登校されており、午前7時30分より前に家を出られるご家庭があると存じます。危険が予測される場合は安全を第一に考え家庭判断で自宅待機をして下さい。
    その場合は登校時に事情をお伝えいただければ、公認遅刻として対応いたします。
  • お住まいの地域の状況に応じてご判断下さい。
    お住まいの地域の気象状況・交通事情により、登下校時の危険や困難が予想される場合は、安全を第一に考え登校の可否をご判断下さい。なお、登校出来ない場合は学校にお電話をお願いいたします。
地震発生時の場合
  • 下校時刻から午前0時までに、広島市において「震度5弱」以上の地震が発生した場合は、翌日は臨時休校。
  • 午前0時から登校時刻までに、広島市において「震度5弱」以上の地震が発生した場合は、当日は臨時休校。
  • 登校後に「震度5弱」以上の地震が発生した場合は、以下のように対応します。
  • 安全を確認して、速やかに下校させます。
  • 公共交通機関の運行状況などにより、下校することが不可能な場合や、生徒の居住地や下校経路の安全が確認できない場合は、本校体育館の活用も含め、生徒の安全を最優先に判断します。
  • 広島市以外で、生徒の居住している市町で「震度5弱」以上の地震が発生した場合は、保護者の判断により自宅待機をし、その旨を学校に連絡してください。
いじめ防止について
いじめ防止についての安田女子中学高等学校の基本方針
  • 1.本校はいじめ防止対策推進法を正しく理解し、遵守します。
  • 2.いじめに対する本校の基本方針
    「私たちの学校はいじめを許しません。私たちはいじめを隠ぺいせず、向き合います」
  • 3.本校におけるいじめ防止のための活動について
    • いじめ防止のための啓発活動を生徒の発達段階に応じて実施する。
    • 教職員にいじめ防止のための研修を定期的に実施する。
    • いじめについての定期的な調査を実施する。
    • いじめ防止対策委員会を定期的に実施する。
  • 4.いじめ防止対策のための組織
    • いじめ防止対策委員会
      《構成員》校長・副校長・教頭・主幹・各学年主任・生徒指導部主任・生徒支援部主任・養護教諭
部活動に係る活動方針
安田女子中学高等学校部活動に係る活動方針
  • 1.基本方針
     学園訓『柔しく剛く』のもと、自ら学ぶ力、チャレンジする力、豊かな人間性と社会性を育てることを理念として部活動を運営する。
     運動部においては、活動を通して生徒が生涯にわたり、計画的に心身の健康を保持増進し、豊かなスポーツライフを実現するための能力を養うように心がける。
     文化部においては生徒が生涯にわたり、芸術文化等の活動に親しむ基礎を育成するように心がける。
  • 2.適切な運営のための体制
    • (1)指導・運営に係る体制の構築
       校長は、生徒や教師の状況を考慮し、指導内容の充実、生徒の安全の確保、教師の長時間勤務の解消等の観点から、部活動指導員の活用等も視野に入れて、部活動が円滑に実施できるよう努める。
    • (2)活動計画等の作成及び公表
      • 部活動に係る活動方針は、学校のホームページ等により公表する。
      • 部活動顧問は本活動方針に則り、年間の活動計画並びに毎月の活動計画及び活動実績を作成し、校長に提出する。
  • 3.安全で効率的・効果的な活動の推進
    • 運動部活動の実施に当たってはスポーツ庁が策定した『運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン』、
       文化部活動の実施に当たっては文化庁が策定した『文化部活動の在り方に関する総合的なガイドライン』に則り、
       生徒の心身の健康管理、事故防止、体罰・ハラスメントの根絶を徹底し、適切な運営に努める。
    • 部活動顧問は、生徒とのコミュニケーションの充実による活動意欲の向上と、
       生徒が主体的に取り組む力の育成を図りながら、生徒の進路実現に向けた学習目標が達成できるよう、効果的な運営を行う。
       また、専門的な指導者等の助言により、発達段階に応じたトレーニングや身体のケアを取り入れ、安全で効率的な活動を推進する。
  • 4.適切な休養日等の設定
    • (1)休養日
       中学生は週当たり2日以上の休養日を設ける。(平日は少なくとも1日、土曜日及び日曜日は少なくとも1日以上を休養日とする。)
       高校生も上記基準による。ただし、大会、競技種目の特性等でこの基準によりがたく週末に活動した場合は、休養日を他の日に振り替えることができる。
    • (2)活動時間
      • 中学生の1日の活動時間は平日で2時間程度、週末は3時間程度とし、合理的でかつ効率的・効果的な活動を行う。
         高校生も上記基準に基づき適切に活動時間を設定する。(練習試合・大会等を除く。)
      • 定期試験1週間前及び定期試験中の部活動は停止とする。
         大会や公式戦が定期試験直後に開催されるなどの特別な事情がある場合は、校長の承認を得る。
  • 5.学校単位で参加する大会等
    • (1)中学校体育連盟・高等学校体育連盟、中学校文化連盟・高等学校文化連盟が主催、共催する大会
    • (1)本活動方針の趣旨に則り、校長が参加を認めた大会