loading
安田女子中学高等学校

ごあいさつ・沿革

社会に積極的に貢献できる力と品格を育みます。
 建学の精神「柔しく剛く」は、やさしさや、思いやりに満ちた豊かな人間性と、努力に裏打ちされた多才な実力、その二つを兼ね備えた「人」としてのあり方を示しています。学園創立以来、揺らぐことなくその精神は受け継がれ、多くの卒業生の、生きる指針、心の支えとなっています。
 これからの社会を担う生徒たちの時代は、大人が過ごしてきた時代とは大きく変わります。
未知の問題を解決しようとする探究心と行動力、多様性を認め協働しながら最適解を求めていく力、これからの時代に必要とされる力を総合的に学べる毎日が安田にはあります。
 大人の世代の発想を超えて、希望に満ちた新しい時代を創ってほしいというのが、私たち教職員の願いでもあります。
 時代が進み、社会が変わっても、「柔しく剛く」は、これからの安田生の心の中にも生き続けていきます。女性ならではの柔らかな心と品格をもち、社会に積極的に貢献できる剛い力を生徒たちの中に育んでまいります。
安田女子中学高等学校 校長川本 有美

沿革

大 正安田リヨウ30歳の時、夫の安田五一とともに広島で女子教育の道を切り拓いたのが、安田学園の始まりです。
1915(大正4)年 安田五一、リヨウによって安田学園(広島技芸女学校)創立
広島市中島本町の慈仙寺の一部を借りて授業を開始
1920(大正9)年 広島実科高等女学校開校
1922(大正11)年 安田高等女学校開校
広島実科高等女学校・広島技芸女学校の正門
開校当初のクラス(前列中央が安田リヨウ)
開講早々より始められた早縫い競技会
昭 和戦時中の苦境にあっても、強い意志で信念を貫き、原爆の悲しみと苦難を乗り越え、復興を遂げました。
1927(昭和2)年 広島高等家政女学校開校(昭和20年廃止)
1928(昭和3)年 財団法人安田高等女学校に改組
1930(昭和5)年 広島女子教員養成所開所
1945(昭和20)年 原爆により校舎全壊、焼失
安田五一理事長ほか教職員、生徒328名が犠牲となる
1946(昭和21)年 現在の白島キャンパスに移転
1947(昭和22)年 学制改革により安田女子中学校を開校
1948(昭和23)年 安田女子高等学校開校
1951(昭和26)年 財団法人安田高等女学校を学校法人安田学園に組織変更
広島県の委嘱により広島県保育専門学校開校
1952(昭和27)年 保育専門学校の委嘱により安田保育園開園
1953(昭和28)年 安田保育園を廃止 安田幼稚園開園
1955(昭和30)年 安田女子短期大学保育科開学
1956(昭和31)年 安田小学校開校
1966(昭和41)年 安田女子大学文学部(日本文学科・英米文学科)開学
1972(昭和47)年 安田リヨウ 学園長に就任
1977(昭和52)年 安田リヨウ死去(享年 93歳)
正五位に叙せられ勲三等瑞宝章を授けられる
1981(昭和56)年 安田女子大学付属幼稚園
(現:安田幼稚園安東園舎)開園
被爆した元工兵隊兵舎を修理して校舎に
スクールバスの運行がスタート
昭和 40 年代の白島キャンパス
平 成安田リヨウの「柔しく剛く」の精神は今も受け継がれ、時代に応じた進化を続けています。
1994(平成6)年 安田女子大学大学院文学研究科(修士課程)設置(日本語学日本文学専攻・英語学英米文学専攻・教育学専攻)
2009(平成21)年 安田女子中学校に自然科学探究コース、総合コースを開設
2012(平成24)年 安田女子中学高等学校が文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受ける
安田女子高等学校にSS(スーパーサイエンス)コース新設
2015(平成27)年 学校法人安田学園創立 100周年を迎える
2016(平成28)年 白島キャンパス近隣に牛田総合グラウンドが完成
2018(平成30)年 安田女子短期大学付属幼稚園新園舎完成
安田女子中学高等学校新校舎完成(第Ⅰ期)
白島キャンパス
白島キャンパス(牛田総合グラウンド)
安東キャンパス
令 和安田リヨウの想いはそのままに、ますます多様化する生き方や価値観の社会を生きる女性のために、「次なる安田の学び」を始めます。
2020(令和2)年 安田女子中学校、安田女子高等学校に特進コース新設
2020(令和2)年 中学高等学校新校舎完成(第Ⅱ期)
2021(令和3)年 安田女子高等学校にSS(スーパーサイエンス)コースに代え、STEAM(スティーム)コース設置
2022(令和4)年 小学校新校舎完成予定
2022(令和4)年 白島キャンパス再開発終了予定
中高新校舎
白島キャンパス(2020年3月時点)
安東キャンパス