くすのきブログ

2022.06.13

2年 茶道教室

2022年6月8日

 上田宗箇流の先生に来ていただき、安田女子中学高等学校の茶道室で茶道教室を行いました。

 畳での作法やお茶のいただき方、抹茶を運ぶことの体験を通して、日本の伝統文化である茶道に親しむことや相手をもてなす心、もてなしに感謝する心を育てることなどを目的としています。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、マスク着用の徹底や手指のアルコール消毒などの対策を行って実施しました。

 事前に、1年生のときに茶道教室で学んだ畳の歩き方や礼の仕方を思い出したり、お菓子をいただく時に使う懐紙を折ったりしました。

 茶道教室の第一回目。本格的な和室に入ると、子どもたちの背筋も自然と伸びます。
 まず、床の拝見(床の間の掛け軸や花を見ること)から始め、席入りの基本的な所作を学びました。次に、お茶を出す側といただく側の2グループに分かれて交代で体験しました。お菓子が想像以上に甘かったようで、友達と顔を見合わせながらみんな笑顔。甘いお菓子のあとは、おいしく抹茶をいただきました。茶碗のお猿さんの顔の絵を目印にお茶碗を回しました。最後は、もてなす側ももてなされる側も感謝の気持ちを言葉と礼で表しました。

 第二回目は、自分でお茶をたてる活動にも取り組みます。