くすのきブログ

2022.05.20

3年 書道 書道開き

2022年5月16日

 3年生で「書道」の授業が始まりました。はじめて学ぶ「毛筆」が待ちきれない様子の3年生に、書道担当の先生は「どうして書道を習うと思う?」と問いかけ、「毛筆を学ぶことで筆運びが磨かれ、硬筆も上手くなること」「書道は中国、韓国、日本といったアジアで取り組まれており、伝統文化を学ぶきっかけになること」「書道のように道とつくものは、どれも静かに取り組むものであり、集中力を鍛えるために最適であること」を理由として伝えました。子どもたちは、「書道」を学ぶ価値を深く知ったことで、一気に真剣な顔つきになっていました。さらに、「書道は道具を使う勉強なので、道具を丁寧に扱い、素早く準備をすることがとても大切」だと伝え、何度も机の上に道具を準備する練習を繰り返しました。準備を繰り返す中で、「集中して勉強する環境」は自分で作ることを確認できました。この日、文字を書くことはしませんでしたが、子どもたちの「書道」への期待や意欲は大きく向上しました。初心を忘れず、これからの「書道」の時間を大切に学んでいって欲しいと思います。