くすのきブログ

2022.02.04

1,2年 くすのき 豆まき会

2022年1月31日(月)

 1,2年生のくすのきの授業で「豆まき会」を行いました。今年は、感染防止の観点から各クラスで会が開かれました。
 この活動は、日本の伝統文化を味わい大切にするということを目標に、節分や豆まきについて調べ、実際にその行事を体験する学習です。事前に節分や豆まきについて調べることでその行事に込められた願いやいわれを知ることができました。
 事前学習として、1年生はおうちの方に節分の行事は何のために行われ、どんなことをするのかをインタビューし ました。また、イワシを七輪で焼いたり、豆を炒ったことをもとに作文を書いたりして、豆まき会への気持ちを高める体験もしました。
 2年生はタブレットを使って、やいかがしや恵方巻など節分にまつわるキーワードを検索して意味を調べました。また、豆まき会当日にしたいことや細かい進行の仕方を2年生の委員が中心となって考え、1年生にも使ってもらえるような台本作りに取り組みました。
 当日は、教室の入り口にやいかがしを飾り、手作りの鬼のお面をかぶって会を行いました。節分に関する〇×クイズを楽しんだり、「心の鬼」に向かって豆をまいたりしました。「心の鬼」とは、自分自身を振り返り、より良い自分になれるよう心の弱いところを書き出したものです。「すぐもんくいうおに」「わすれものおに」「なきむしおに」など、たくさんの鬼を追い出すことができました。