くすのきブログ

2021.10.26

2年 くすのき 茶道教室

2021年1013日、14日、18

 上田宗箇流の先生をお招きし、茶道教室を行いました。
この学習では、日本の伝統文化である茶道に親しみながら、三回にわたって礼儀や相手を思いやる精神を学びます。

 一年生の時に畳の歩き方や礼の仕方など、初歩となる動作を教わっています。二年目の今年は、安田リヨウ記念館にある和室で、床の間のしつらえを拝見したり、抹茶を点てたりと、茶道の醍醐味に触れました。児童は、厳かな雰囲気の中、お道具を丁寧に扱い、作法を一つ一つ体験しました。その流れの中で、相手や物に対して感謝の礼をする場面が何度も出てきますが、それらは、日々の生活が決して当たり前ではないことを改めて感じさせてくれました。

 その後、学級で2年分の茶道教室の振り返りをし、茶道日記を書きました。児童は「お茶室は梅のようないい香りがした」「先生方に点てていただいたのと自分が点てたのとでは、味が違った」「掛け軸の言葉(日々是好日)(敬慎)をこれからも大事にしながら生活したい」「次は自分たちが未来へ伝える番だ」など、様々な気づきを書いていました。