くすのきブログ

2021.03.30

micro:bitを使用したプログラミング教育【動画あり】

プログラミングの一環として、micro:bitを使用した授業を行っています。micro:bitとはイギリス発の手のひらサイズのコンピュータで、センサーやスイッチ、LEDを搭載しており、ブラウザ上でプログラミングすることでいろいろな動作を起こすことができます。
2年生では、算数の引き算の考え方を応用したストップウォッチのプログラミングを作成して、micro:bitに入力しました。自分達で作成したストップウォッチをかけっこのタイム測定に使い、身近な道具にもプログラミングを活用できることを実感しました。
6年生の音楽では、地磁気センサーを利用して電子楽器を作成しました。micro:bitを向けた方角により、音の高さが変わるプログラムを組み、越天楽を演奏します。音楽のテンポに合わせて角度を繊細に操作することに苦戦しながらも、楽しく演奏しました。さらに6年生はmicro:bitの複数のセンサーや、LED点灯の組み合わせを応用しオリジナルのプログラムを組んで、電子工作を作成しました。自分の思い通りの動作を実現させるために、試行錯誤を繰り返しました。出来上がったものが狙い通りの動作をしたときには、達成感が感じられたようで、目を輝かせて友達と遊び合っていました。

記事の様子は動画でもご覧になれます。こちらをクリックしてください。

Page top

入学をお考えの方へ

在校生の保護者の方へ

卒業生へ