くすのきブログ

2021.03.22

図工 液体粘土【動画あり】

今回は子どもたちが初めて扱った液体粘土という材料についてお話しします。
液体粘土とは紙粘土を液体状にしたもので乾いたらそのまま白く固まります。
粘度を変えるとホイップクリームのように絞り出すこともできます。
同じ材料でも学年に応じて扱い方を変えていきます。

2年生「ころころぴょ~ん」液体粘土に絵の具を混ぜ指絵の具として使用しました。
エルヴェ・テュレのおとえほんを参考にし、音をテーマにしたお話作りをしました。指先を使うことでお話に動きが出ました。

5年生「でこぼこ広場に絵の具が走る」ダンボールに布や片面ダンボール、ひもなどを使って液体粘土で固めでこぼこしたキャンバスをつくりました。その後でこぼこを意識した着色をしました。この活動を行うことで将来、彫刻の彫り跡を生かした着色に結びつきます。

6年生「白の世界」1双の軍手を好きな形に組み合わせ液体粘土で固めます。その後紙粘土を使ってさらに白だけで表す世界をつくりました。握手をして平和を表したり、うさぎの形を作ったり様々な世界が繰り広げられました。
どの学年も初めての材料、初めての感触に戸惑いながらも材料に対して理解を深めた学習となりました。

記事の様子は動画でもご覧になれます。こちらをクリックしてください。

Page top

入学をお考えの方へ

在校生の保護者の方へ

卒業生へ