全国学力テスト(6年生)

2021年度も全国の公立・私立・国立小学校を上回る結果でした。

「全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)」において安田小学校は、毎年高い成績をあげています。国語では「話すこと・聞くこと」、「書くこと」、「読むこと」、「言語事項」、算数では「数と計算」、「図形」、「測定」、「変化と関係」、「データの活用」から出題され、いずれの領域においても本校の正答率は、全国の公立・私立・国立小学校を上回っています。

「全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)」とは、全国の子どもたちの学力状況を把握するために文部科学省が毎年実施する調査で、小学校では6年生を対象として4月に行われます。

安田小学校の全国学力テストにおける2021年度の結果は、公立・私立・国立のいずれの小学校と比較しても申し分のない成績です。本校の正答率を見ると、国語は87.0%、算数は93.0%と、全国の各学校の正答率を大きく上回っています。

中学校 入学試験結果(合格者数)

どの中学校へ進学しても
がんばることができる
学力を身につけて旅立ちます。

安田小学校で学ぶ子どもたちの多くは、受験を経てそれぞれの中学校へ進みます。本校で培った確かな学力と豊かな人間性は、中学校、高校、大学、そして社会へと続く人生のステージで、輝き続けるための礎となるものです。


安田小学校で学んだこと

相手を敬い、思いやる心

滝口 悠芽子
(ノートルダム清心中学校入学)

安田小学校では、スピーチコンクールや調べ学習のプレゼンテーションなど、日々の授業の中で自分の思いや意見を発表する機会がたくさんあります。話す時は、相手に伝わるように、よく考えて話します。聞く時は、話す人に体を向け、相手の目を見て、集中して聞きます。「話す」と「聞く」の共通して大切なことは、相手を敬う心を持つということです。安田小学校で学んだことを、これからもずっと大切にしていきたいです。

自分を見つめ、表現して、自分を磨く

森信 拓翔
(広島大学附属中学校入学)

くすのきの授業では、自分を表現する授業や自分を見つめて自分を知る授業がたくさんありました。中でも心に残っているのは、4年生の授業であった、「二分の一成人式」です。この授業は、自分の将来の夢は何だろう?と自分を見つめ、そして、その夢を保護者の方々や友達のみんなに表現するという授業でした。安田小学校には、こうした自分をもっと磨くことができる授業がたくさんあります。

Page top

入学をお考えの方へ

在校生の保護者の方へ

卒業生へ