727

学校であそぼう

詳しくはこちら

727 学校公開

くすのきブログ

2019.06.15

2年生 茶道教室

2019年6月5日(水)、12日(水)

上田宗箇流の上田先生と田中先生にきていただき、安田リヨウ記念館 作法室で茶道教室を行いました。

目的
①たたみでの作法やお茶をいただくことや抹茶を運ぶことの体験を通して、日本の伝統文化である茶道に親しむ。

②上がり口にて靴の脱ぎ方、畳に坐っての礼の仕方(座礼)を身につけ、日常生活でも礼儀正しく行動しようと心がける。

③客と招待の役割を模倣することによって、1年生で学んだ茶道の心(相手をもてなす心、もてなしに感謝する心)を感じ取る。

事前に
くすのきの時間を1時間使って、1年生のときに茶道教室で学んだ畳の歩き方や礼の仕方を思い出したり、次の日に使う懐紙を折ったりしました。

6月5日(水)
1年生のときとは違い、本格的に作法室で行います。
扇子を正しく使いながら礼の仕方をおさらいし、床の間の掛け軸や花を見ることから始めました。
お茶を出す人といただく人の2グループに分かれて、学習します。お茶碗のお猿さんの顔の絵を目印にお茶碗を回しました。甘いお菓子のあと、おいしく抹茶をいただくことができました。

6月12日(水)
前回の学習を思い出し、今度は自分たちでお茶を点てます。上用饅頭のいただき方も教えてもらいました。

「お茶をどうぞ。」「いただきます。」の気もちを大切にしながらお互いに礼をします。礼の仕方も1回目のときよりずいぶん上手になりました。

いよいよ、自分でお茶を点てます。お手伝いの保護者の方にも助けていただきながら、「の」の字を書いて、しゃかしゃかと茶筅を動かしました。自分が点てたお茶をお友だちが「おいしかったよ」の笑顔で返してくれたのが、とてもうれしかったようです。

茶道教室では、やり方だけでなく、いろいろな所作に、相手を思う気持ちがこめられていることも学ぶことができました。

昔から受け継がれてきた日本の心を感じることができた茶道教室になりました。

Page top

入学をお考えの方へ

在校生の保護者の方へ

卒業生へ