922

児童募集
説明会

詳しくはこちら

922 児童募集説明会

くすのきブログ

2017.10.25

3年 食育教室

2017年10月23日(月)

くすのきの健康に関する学習として、食育教室「味覚の授業」をおこないました。
この授業は、フランスで25年以上続いている味覚の教育活動「味覚の一週間」の一つとして、日本各地の小学校で、五感を使って味わうことの大切さや食の楽しみを教える活動としておこなわれています。(子どもたちの味覚障害が問題になっている近年、本来の味覚や生活習慣の改善にもつながる活動として注目されているようです。)
本校も、食育の一環として、中区のフランス料理店「レ・ザンバサドール」の中土シェフを講師にお招きし、3年生が授業を受けました。

食に関するクイズも交えながら、味の基本となる4つの要素(「塩味」、「酸味」、「苦味」、「甘味」)に、第5の味と言われる「うまみ」を加えた5味についての知識を教えていただきました。

 

塩・砂糖・酢・ビターチョコレート・昆布のだしを用いて、基本の五味を確認しました。
味は口だけで感じるものではなく、視覚、聴覚、嗅覚も関係することを学びました。

心身の健康を保つためには、豊かな食生活が必要不可欠です。自分の将来のために、食に関する正しい知識と食を選択する力をつけて欲しい、というメッセージで授業を締めくくられました。

今回の学習が、子どもたちにとって「味覚」と向き合う機会となり、文化の一端である「食」への関心を育むきっかけとなって欲しいと思います。

Page top

入学をお考えの方へ

在校生の保護者の方へ

卒業生へ