922

児童募集
説明会

詳しくはこちら

922 児童募集説明会

くすのきブログ

2017.09.16

6年 Hiroshima In The World 「世界の中のヒロシマ」

2017年9月13日(水)

安田小学校ではグローバル人材育成プロジェクトの一環として、6年生が平和学習と英語学習の関連プログラムを学習しています。

この日は広島平和研究所のRobert Jacobsさんをお招きして興味深いお話をお聞きしました。
この学習の目標は
(1) 広島に原爆が落ちた時に何があったかを知り、また核実験によるヒバクシャが世界中にいることを知る。
(2) 広島の子供として、世界の平和に貢献できることは何かを考える。
(3) 海外で働く人の生き方に触れ、視野を広げる。
です。
小学生にとってはとても難しいテーマです。それでも今までの授業で戦争中のことを知り、原爆関係の本なども読み、平和について子供たちなりに考えてきました。
英語の授業ではPeace Messageと歌”Rainbow Connection”を練習して平和を求める心が盛り上がり、当日は自信をもって発表することができました。Jacobsさんも大変喜んでくださいました。
児童からは良い質問がたくさん出て、みんなの学びが深まったことがわかります。
「なぜ日本は核を持たないようにする話し合いに参加しないのか。」「大国は核を持っているのに、なぜ北朝鮮には持つなと言えるのか。」「使いもしない核兵器をなぜたくさん持つのか。」などです。
終わったあと、みんなは「核実験によるヒバクシャが世界中にいて、病気になったり、故郷に帰れなくなったりしたことがわかった。」「広島の子供として世界に平和を愛する心を発信したい。」「まず、自分の周りの人に優しくすることから始める。」「先生の通訳がなくても聞き取れたところがたくさんあった。」と言っていました。
この後、児童たちは「平和の祈り」を英語の授業で作って練習し、冬に平和記念公園の慰霊碑前で祈りを捧げて来ることになっています。

 

 

Page top

入学をお考えの方へ

在校生の保護者の方へ

卒業生へ