922

児童募集
説明会

詳しくはこちら

922 児童募集説明会

くすのきブログ

2017.08.20

広島ピースアートフェスティバル「平和と美術と音楽と」

2017年8月8日(火)

安田小学校で8年前より取り組んでいる「カンナプロジェクト」。その主催者であられる橘凛保さんからお誘いいただいて、広島ピースアートフェスティバル「平和と美術と音楽と」の音楽の部に出演しました。夏休み中のイベントということもあり、4年生以上の有志12名での参加となりました。

このイベントでは、大州小学校6年生の皆さんと「カンナ」(Te@chers作曲)を一緒に歌ったり、「ヒロシマのカンナ」(本校6年生児童作詞作曲の歌)やカンナに関する俳句を披露したりしました。

同じカンナプロジェクトの仲間として、同じステージに立ち、心と声を合わせて「カンナ」の歌を歌うことができました。大州小学校では「カンナロードプロジェクト」として、マツダスタジアム前から大州小学校前までの大州通りにカンナを植える活動をしておられます。

「ヒロシマのカンナ」は、本校6年生森田琉夏さんが作詞作曲をしました。

カンナの話を聞き、ヒロシマの復興を胸に、平和を願いながら作ってくれました。

この「ヒロシマのカンナ」は、今後、安田小学校で歌い継いでいきます。

 

「ヒロシマのカンナ」       詞:森田琉夏

原爆が落ちた日 広島に落ちた日

晴れわたった ここ広島が 悲しみにつつまれた日

そんな中で 一輪の花が

立ち上がった ここ広島で 赤いカンナが

あの日広島の人は 笑顔をもらった 一輪の赤いカンナから

 

原爆が落ちた日 広島に落ちた日

笑顔あふれた ここ広島が 焼け野原と化した日

そんな中で 一輪の花が

立ち上がった ここ広島で 赤いカンナが

あの日広島の人は 勇気をもらった 一輪の赤いカンナから

「カンナに関する俳句」は、全校児童に呼びかけて投稿してもらいました。その中からいくつかの作品を披露しました。披露した作品はこちらです。

 

げんばくを わすれないでと カンナさく (1年 清大朗)

カンナはね へいわをまもる おはなだよ (1年 樹璃)

学校の ゆめの道には カンナさく    (2年 凛和)

カンナはね みんなのきぼう ひろしまの (2年 珠緒)

なりたいな カンナのように 剛いぼく  (2年 健人)

げんばくで カンナを見てて 強くなる  (3年 拓翔)

カンナはね 笑顔をつなぐ バトンだよ  (3年 里名)

カンナはね 平和をねがうよ いつまでも (3年 悠芽子)

広島に 平和をもたらす カンナかな   (4年 ゆりあ)

夕焼けが カンナとわたし てらしてる  (4年 華子)

震災後 復興願い カンナ植え      (5年 圭人)

カンナさく 希望与えた 人々に     (5年 佑作)

カンナリレー バトンをつなぎ 夢つなぐ (6年 美里)

学園に 広がる希望 カンナ咲く     (6年 瑞季)

広島の 願いをカンナで 語り継ぐ    (6年 弥 )

未来へと カンナがつなぐ 平和都市   (6年 弥 )

 

「旧日本銀行広島支店(被爆建物)で被爆ピアノの音色にのって歌う」という貴重な体験をさせていただきました。平和を願いながらカンナを育て、歌声とともに平和への思いを広めていけたらと思います。

Page top

入学をお考えの方へ

在校生の保護者の方へ

卒業生へ