• 学園案内

理事長挨拶

柔(やさ)しく剛(つよ)く

安田学園は、「女性のために教育の場を」という初代学園長安田リヨウの願いから生まれた学園です。その歴史は、今から100年前、大正4年に創設された広島技芸女学校に始まります。以来、原爆の被害とその後の混乱の時代を乗り越えて、幼稚園・小学校・中学校・高等学校・短期大学・大学・大学院までをもつ総合学園として発展してまいりました。
安田リヨウの「幼児教育から最高水準の教育までを一貫して行える総合学園に育てていきたい」という願いは、真の人間教育を実践したいという理想を実現するためでした。「柔しく剛く」という創立以来の建学理念は、人間教育をめざす安田学園の教育精神を端的な言葉で表現したものです。 人が人として生きていくために大切な「やさしさ」と「つよさ」をともに育てたいというこの教育精神は、世の中の変動にも流されることなく、大正、昭和、平成と三つの時代を生き抜いてまいりました。 安田学園に受け継がれたこの美しい教育精神を、いつまでも変わることなく次の世代に受け継ぎ、さらに大輪の花を咲かせたい。そのため私たちは、「柔しく剛く」を指針として、"安田"らしい奥行きのある人間性を育んでいきたいと願っています。

  • 学校法人 安田学園 理事長 安田 裕実