課題研究

課題研究とは

興味・関心を学び深める「課題研究」。
CTを養い、進路選択にも活かします。

現代社会において必要となる、「よりよい問題解決に向けて多角的に思考・検証を繰り返し、考え抜いて判断する力」=「クリティカルシンキング(CT)」を養うため、学んだ知識を実生活で活かす「課題研究」を行っています。
課題研究では、生徒一人ひとりが興味、関心のあるテーマを選び、調査、研究した内容をレポートやポスターにまとめて発表します。中学部1・2年ではテーマを立てるための知識や研究の手法を身につけ、中学部3年から課題研究を始めます。高校部になると、より発展的なテーマのもとで研究を深め、最終的に研究内容を進路選択に活かしていきます。

講演風景

「学問の入口」と題して、大学の先生方に講演いただきます。

専門家や大学院生からのアドバイス風景

大学の先生や専門家から、研究に対するアドバイスを受けます。

ポスター発表風景

研究内容はテーマごとで、ポスター発表を行います。

課題研究 6年間の流れ

課題研究の流れイメージ

課題研究のテーマ例

中学部
  • プランクトンの研究
  • タンポポの研究
  • 「漫画を読むと頭に悪い」説は本当か
  • 危機遺産を救うNPOは作れるか など
高校部
  • 広島城堀のプランクトンの推移
  • 納豆菌による水質浄化
  • ミドリゾウリムシの走光性
  • 光応答性の高い比色計の開発 など

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)

本校は、文部科学省指定の
「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」です。

「SSH」とは、高等学校等において、先進的な理数教育を実施し、国際性や創造性を育みながら、医学薬学や科学技術など理系分野での活躍を促進する取り組みです。本校では、「心・技・体のバランスのとれた将来の女性科学研究者・技術者の育成方法とその評価方法を研究する」ことを研究開発課題とし、生命倫理に根差した精神を兼ね備え、大学・企業・各種団体など、広く社会の理系分野で活躍できる、行動力と実践力を持った社会で活躍できる女性の育成をめざしています。

SSHロゴ
SSHの主な研究事項と活動内容
1 学校設定科目の実施(SS英語、SS数学、SS総合)
2 大学・研究機関との連携
3 校外研修の実施

●SSH全国研究発表会など研究発表会への参加
●科学部・数学研究部の活動 ●SSコースサイエンスツアー

4 理数系の裾野を広げる取り組み(小学生への授業実習体験「サイエンス教室」など)
5 グローバルな取り組み

姉妹校である台湾国立蘭陽女子高級中学(高等学校)との相互交流、互いに英語を用いての自然科学的研究内容の発表や合同研究の実施。

SSH全国研究発表会風景

SSH全国研究発表会への参加

高エネルギー加速器研究機構(つくば市)の見学

高エネルギー加速器研究機構(つくば市)の見学

台湾国立蘭陽女子高級中学の生徒と行う研究発表風景

台湾国立蘭陽女子高級中学の生徒と行う研究発表

SSHの活動はこちらをご覧ください

Home

Page top

《 安田女子中学高等学校 》
〒730-0001 広島市中区白島北町1番41号
 TEL.082-221-3304 FAX.082-212-0300