教育内容

6年間のコース制

それぞれの夢の
実現に向けたコース制

本校では、中学部・高校部の6年間において、それぞれの段階に応じた教育を展開しています。中学部1年から、幅広い学びの中で将来の進路を見極める力を養う「総合コース」と、難関国立大学への現役合格をめざす「特進コース」を設置し、それぞれ特徴のある授業や行事に取り組んでいきます。高校部は「総合コース」「特進コース」に加え、「SS(スーパーサイエンス)コース」の3つがあり、自らの進路希望に合わせて文理選択を行います。きめ細やかな進路指導のもと、時間をかけて自分の適性を見極められることは、進路実現への大きな一歩。その効果は、医療系・教育系から芸術系まで幅広い分野へ羽ばたいていく本校の進路実績に表れています。

特進コース

  

幅広い学力を伸長し、難関国立大学への現役合格を実現する。

英語・数学・国語の時間数を他のコースよりも多めに設定し、知識とその活用能力の向上を目指します。
難関大学合格を意識した学力補修等の発展的学習を実施します。

「英語」「数学」「国語」を充実させたカリキュラム

難関大学合格支援プログラム(講演会/入試問題研究等)

学力強化のための発展的学習

東京大学・京都大学オープンキャンパス/研究室訪問

課題研究を活用した学ぶ力・プレゼンテーション能力の育成

総合コース

  

個々の特性に合わせて学力を伸ばし、進路希望を実現する。

英語と数学では少人数授業により、きめ細かい指導で学力の向上を目指します。
社会の中で必要とされるリーダーシップやチームワーク力を高めることを目的に、安田女子大学との連携もはかりながら、多様な学びの場を作っていきます。

少人数授業の展開

多様な人や学問との出会いの場の提供(安田女子大学との連携/海外語学研修等)

課題研究を活用した学ぶ力・プレゼンテーション能力の育成

職業観育成のための体験や実習・ボランティア経験

学校行事・部活動の自律的な運営

SSコース

※SSコース…スーパーサイエンスコース

  

理系分野で活躍できる人材を育成し、理系大学への進学を実現する。

4年生理科(化学・生物)や情報ではティームティーチングによる少人数授業を実施し、理系分野の基礎学力の向上を目指します。
大学や研究機関との連携により、発展的な学習や実験を行い、理系分野への興味関心を高めます。

海外姉妹校との共同研究や学術的交流の実施

大学や企業と連携した実験・実習による興味関心の育成

理系分野の発展的課題研究による学ぶ力・プレゼンテーション能力の育成/自律性・主体性の育成

ICTを活用した情報活用能力の育成

学力強化のための発展的学習

コース制 6年間の流れ

※SSコース…スーパーサイエンスコース
 ※コースの変更には審査があります。

課題研究

興味・関心を学問に昇華させる
「課題研究」

本校では、「よりよい問題解決に向けて多角的に思考・検証を繰り返し、考え抜いて判断する力」=「クリティカルシンキング(CT)」を重要視しています。CTは、多くの選択肢にあふれる現代社会を生きていくうえで欠かせないスキルです。このCTの視点を養うため、学んだ知識を実生活の中で活かす「課題研究」を行っています。

各ゼミ担当教員の指導の下、研究に取り組みます。大学の先生や専門家などの外部講師を招いてのガイダンスや大学訪問など、普段の授業にはない学びの機会を設けています。

課題研究では、生徒一人ひとりが日常生活の中から興味、関心のあるテーマを選んで自ら仮説を立て、実験や観察、調査を通じて仮説が正しいかを1年間にわたって検証します。さらに自分たちの研究成果をレポートにまとめて発表し、周囲に意見や助言をもらいながら、研究の精度を高めていきます。この研究活動を通して、生徒は「自ら考えて行動する力」や「表現力」「他者に自分の考えを伝える力」を身につけていきます。

特設授業「白梅」

女性として身につける確かな品格
特設授業「白梅」

本校には週に1時間、特設授業として「白梅(はくばい)」があります。「学校は『人』を教育する場であり、単に教室で学科や技能を教授するだけではない。生徒に良い習慣をつけさせて、立派な行いの出来る人を育てることも大切」という学園創設者 安田リヨウの想いのもと、礼儀や作法に込められた「相手を思いやる心」、掃除や靴磨きなどを通して学ぶ「ものを大切にする心」、水引き作りや茶道から学ぶ「日本人としての教養」を身につけていきます。その他、さまざまな学校行事を通して、社会で活躍する女性に必要な品格を育んでいきます。

『冬の寒空のもと雪をかぶりながらも、その下から他の花々にさきがけて咲き、絶えず良い香りを送りつづける』学園創設者 安田リヨウは思いやりの心と、強い意志を持つ女性の姿を「白梅」に重ね合わせました。この言葉から、本学の精神を学ぶ授業を「白梅」と名付けました。

清掃

始業前の朝掃除や学期末の大掃除など、生徒が自主的に行う伝統があります。環境を自らの手で整える習慣を身につけておくことは、将来の社会生活や家庭生活においても役立ちます。

靴磨き

登下校で使う革靴の手入れを行います。「靴磨き」を丁寧に行うことで、普段身の周りにある物に感謝し、日頃からものを大切にする心を養います。

水引き

安田リヨウも指導した「水引き」。その歴史や結び方を学び、日本の伝統文化を体験します。

茶道

校内の和室を使って、茶道を体験します。茶道を通して、日本文化のすばらしさに触れるとともに、日本人として身につけておくべき礼法や作法を学びます。

万物謝恩祭

文房具など生活に欠かせない「すべてのもの(万物)」へ感謝する日です。学園草創の頃から行われてきた針供養の伝統を、現代の様式で引き継いだ行事です。

「こころ」を育てることで
自然に「かたち」となり、
「かたち」を整えることで
「こころ」が磨かれます。

一礼

登校時、下校時に行う正門での一礼は、生徒の中から自然に生まれたもので、創立以来、先輩から後輩へ受け継がれてきました。

静座

朝礼前に行う「静座(せいざ)」は、正しい姿勢で座り、目を閉じます。一日の始まりに向けて、静寂の中で心を整えます。

Home

Page top

《 安田女子中学高等学校 》
〒730-0001 広島市中区白島北町1番41号
 TEL.082-221-3304 FAX.082-212-0300