•  

養護教諭免許状の取得について

 怪我をしたときや、体調がすぐれなかったとき、あるいは人間関係に悩んだとき。保健室の先生の手当てや配慮、アドバイスに、助けられたと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。そんな「保健室の先生」は、養護教諭の免許を持つ先生です。
 養護教諭は、幼稚園、小学校、中学校、高等学校で子どもの健康管理と保健指導を行っています。近年では、保健室に来る子どものニーズは多様であり、子どもたちの身体的・精神的健康を維持するために、個々の子どものニーズに応じたサポートをしているのが養護教諭です。
 特に、思春期の子どもは身体的不調を訴えて保健室を訪ねることが多くなりますが、その背景には心理的な問題、たとえば学校での人間関係や勉強、進路・受験、家庭の問題などの心の悩みが隠れていることが少なくありません。そのような子どもの悩みにまず耳を傾けることができるのが養護教諭です。養護教諭の受容的な態度によって、子どもは心を開いて悩みを打ち明けることができるようになるのです。
 そして、養護教諭からのちょっとしたアドバイスをきっかけとして、心と身体のバランスを回復していくこともあるのです。
 養護教諭になるには、養護教諭免許状の取得が必要です。大学や短大の看護学部、看護専門学校で所定の科目を履修して保健師の免許を取得するか、教育学部など、養護教諭養成課程のある大学や短大で所定の科目を取得することによって、養護教諭免許状が取得できます。
 その後は、公立学校の場合は都道府県の教員採用試験、私立学校では各学校の採用試験を受け、採用されれば保健室の先生として働くことができます。ちなみに、広島県では、ここ数年、毎年30名程度の養護教諭が採用されています。
本学では、養護教諭免許状の取得に三通りの方法があります。
児童教育学科で取得する
広島県内で初の教育学部における養護教諭養成課程
 児童教育学科では、子どもの成長・発達の過程やその課題を知り、小学校教諭、幼稚園教諭、保育士、養護教諭のそれぞれの役割を学んだ上で、進路に応じた知識・技能を身につけます。
 教育・保育はチームプレーです。教職論、幼児教育学、養護概説、学校保健など、教育現場で必要な共通の知識は全員が学びます。子どもの成長過程や発達段階における課題、さまざまな教育者の役割を知っていることが、将来の強みとなります。

養護教諭免許状に加えて保育士資格の取得を保証するカリキュラム
 養護教諭課程の開設に伴い、児童教育学科では1年次に児童教育の基礎を学び、2年次からは3つのコースに分かれて学修します。養護教諭養成コースでは、養護教諭一種免許状の取得に加えて、保育士資格の取得を可能にする充実したカリキュラムを備えています。
小学校教諭養成コース 小学校教諭一種免許状 + 幼稚園教諭一種免許状
小学校教諭一種免許状 + 中学校教諭二種免許状(国語・英語・社会・家庭のいずれか1教科)※
幼稚園教諭・保育士養成コース 幼稚園教諭一種免許状 + 保育士資格 + 小学校教諭一種免許状
養護教諭養成コース 養護教諭一種免許状 + 保育士資格
  • 小学校教諭一種免許状を取得する前提で、他学科の教職課程を履修することにより、中学校教諭二種免許状(国語・英語・社会・家庭のいずれか1教科)の取得が可能です。
心理学科で取得する
社会科や公民の教員免許状に加え、養護教諭免許状の取得が可能に
 心理学科では、中学校教諭一種免許状(社会)と、高等学校教諭一種免許状(公民)の取得が可能です。また、平成28年度、児童教育学科養護教諭課程の開設に伴い、心理学科の学生も、社会科あるいは公民の免許状を取得する前提で、他学科の教職課程を履修することにより養護教諭一種免許状の取得が可能になります。

平成28年度から心理学科で取得可能な教員免許

  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)
  • 養護教諭一種免許状
    ※社会科あるいは公民の免許状を取得する前提で他学科の教職課程を履修することにより養護教諭一種免許状の取得が可能になります。
養護教諭に求められる豊富な心理学的知識を学べるカリキュラム
 小・中・高等学校では、心のケアを必要とする児童・生徒が増えており、保健室の先生、すなわち養護教諭が、学校の教育相談において中心的な役割を担うことを期待されています。心理学科では、養護教諭に求められる豊富な心理学的知識や技能を身につける学びを行っています。

心理学科のカリキュラム(代表例)

基本科目 「心理学概論ⅠⅡ」「心理学方法論」など
臨床領域 「臨床心理学ⅠⅡ」「カウンセリング論」など
他の領域 「発達心理学ⅠⅡ」「社会心理学ⅠⅡ」「対人関係論」など
看護学科で取得する
看護師や保健師の資格に加え、養護教諭二種免許状の取得が可能
 看護学科では看護師国家試験受験資格はもとより、必要な科目を履修することで、保健師国家試験受験資格ならびに養護教諭二種免許状の取得が可能です。
  • 養護教諭二種免許に必要な科目の単位取得者に限り、保健師の免許取得後の申請による。
子ども一人ひとりへの柔軟な対応を支える専門知識と実践力
 看護学科では、医療・看護現場での豊富な経験と大学での十分な教育・研究実績を持つ教員が学生を指導します。救急対応やアレルギー対応をはじめとする専門知識は、子ども一人ひとりの個別対応が望まれる養護教諭の現場で必ず重宝されます。
 また、1年次から臨地実習に参加し、授業で学んだ知識や技術と実際の病院や施設などで求められていることを統合させ、実践力を磨きます。教科書では学ぶことのできない医療現場での経験は、看護学科ならではの特徴です。