CiZfURyYMLU
  • 学科トピックス

学科長インタビュー
表現力が求められる社会背景と生かされるフィールドとは

  • 山下 明博 教授 宮崎県出身。東京大学工学部航空学科を卒業後、メーカーで大型コンピュータを開発。その後、広島大学大学院国際協力研究科で国際協力と言語学を学び、メキシコやインドネシア等でコンピュータ教育を行った。3次元CG、仮想現実、拡張現実についての研究を行っている。博士(学術)。
  • Close Read More

デジタル最新機器の3Dプリンタの魅力を教えてください

3Dプリンタは、パソコン上のデータを立体形成できる道具です。その利点は、1個から個人レベルでつくることができること。3Dスキャナを使って、3Dプリンタ用のデータを作成することにより、世界中の人が欲しいものを造形できる時代になりました。パッケージの試作、住宅のモックアップ、身体にフィットした洋服づくりと、業界・用途も多岐に。壁の内部に絵を描くなど工作機械ではできなかったこともできるようになったため、表現活動も大きく変わるのではないかと思っています。


授業では最先端技術を学べるのでしょうか

3Dプリンタや立体デザインを学ぶ「形状造形」をはじめ、絵画や陶芸を学ぶ「感性造形」、映像制作やグラフィックを学ぶ「メディア造形」の3つの分野を一体で学んでいきます。最先端機器を使いこなせることはもちろん、鉛筆や用紙を使った創作活動から、コンピュータによる設計やレーザーなどの加工製造まで幅広く学習します。


他大学と違う学び方の特長はありますか

本学科はアーティストを育てる学科ではありません。デザインやデッサンに自信がない人でも大丈夫です。基礎を養うために黙々とものづくりを行うこともありますが、主には企業で実際に行われる企画・開発と同様に、仲間と協力してモノをつくり上げるプロセスを実践的に学んでいきます。また、教養教育・共通教育科目などの学問や研究を通じて、社会での活躍に必要とされる広く深い知識と、やり抜く強い意志を育むことができます。確かな技術、磨かれた人間性、女性ならではの感性やきめ細やかさを融合させ、利用者の視点に立った生活を豊かにするものを創造していきましょう。


ここで得た力は社会でどのように生かしていけるのでしょうか

どの企業でも、アイデアや表現力は大切な資源です。在学中に磨いた創造力は、企画・開発、デザイン・クリエイティブ部門はもちろん、広報、マーケティング、設計、製造など、さまざまな部署での活躍に有効。営業職も例外ではなく、表現力や感性は人に思いを伝える上で求められる大事な能力です。一つのものを協同でつくり上げた経験は、社内外のプロジェクトを推進させる力にもなります。もちろん、WebデザイナーやCGエンジニアといった専門職に就くことも可能です。女性の社会進出が進む中、あらゆる企業で活躍していけるよう、さまざまな表現力を養いましょう。

1