CiZfURyYMLU
  • 授業紹介

授業紹介

  • 生活造形基礎演習

    造形デザイン学科で何を学ぶかを体験

    造形デザイン学科で学ぶ「感性造形」「メディア造形」「形状造形」のすべてを体験する演習です。アナログ技術である彫金や篆刻、デジタル技術であるメディアデザイン、3次元プリンタによる形状造形を経験します。

  • 生活美学演習(デッサンⅠ・Ⅱ)

    感性造形の基礎となるデッサンを学ぶ

    物体の形体や明暗を平面に描画するデッサンを学びます。日常生活に関わる風景や人物を題材に、鉛筆、木炭、ペン、水彩など多彩な素材を使ってデッサンが行える技術を身につけます。

  • 生活美学演習(絵画Ⅰ~Ⅴ)

    感性造形の基礎となる絵画を学ぶ

    絵画に使う道具・材料の選び方や扱い方、油彩画表現の基礎的な技法を学びます。そして、絵画でできる多彩な表現技法を使って作品を作り、豊かな感性を培うとともに、絵画の素養を身につけられるようにします。

  • グラフィックデザイン演習

    ポスターをデザインする

    グラフィックデザインに関する理論に基づいて、生活の中での出来事や、地元の全国への宣伝、地球環境保全といったテーマに沿ったポスターをデザインすることを学びます。

  • コンピュータ応用論

    ロボットを使いこなす

    コンピュータに接続したロボットを、自由に動かす技術を学びます。日本が高い技術をもつロボットの制御について、その仕組みを理解し、センサーとロボットを組み合わせたときの可能性についても学びます。

  • 造形CAD Ⅰ・Ⅱ

    イメージをデータにする

    あらゆる形のものを、コンピュータを使ってデザインするための造形CADソフトの操作を学びます。また、「図学」で学ぶ、機械製図の約束事の知識をもとに、強くて安全なデザインを作れるようにします。

  • メディア造形演習(WebⅠ・Ⅱ)

    WEBページを作成する

    WEBページを作成する授業です。WEBページ作成ソフトを使い、文字、画像、映像等の素材を選んだり、配置する技法を学びます。また、動きのあるWEBページを作成するためのプログラミングもできるようになります。

  • メディア造形演習(映像表現A・B)

    映像を自由自在に編集する

    映像メディアによる造形を学ぶ授業です。静止画、動画、CG、音楽情報といった素材を集め、それらを編集し、映像メディアとしてモニタ上で表現する技法を学んだり、プロジェクション・マッピングを使った作品を作ります。

  • 形状造形演習(立体Ⅰ・Ⅱ)

    イメージを立体で造形する

    頭の中にあるイメージや実際の形をデータ化し、立体に造形する授業です。3Dプリンタなどの3次元造形装置を使いこなし、樹脂、石膏、金属といったさまざまな素材を使って、自由で独創性の高い作品を制作します。

  • 生活総合造形Ⅰ・Ⅱ

    仕事は表現活動である

    造形デザイン学科で学ぶ全ての要素を総合的に組み合わせ、造形プロジェクトを行う授業です。グループで、生活の中の「あったらいいな」を造形技術で実現し、仕事を表現活動の場にする経験を身につけます。

想定される卒業制作・論文

  • 紙質によるフォトイメージの変化に関する研究
  • ブランディングにおけるロゴとカラーの役割
  • 和テイストの商品に映える書体デザインに関する考察
  • ウール紐を活用したパッケージデザインの制作
  • 企業と連携した洋菓子の包み紙デザインの制作
  • イラストを生かしたポスターデザインに関する一考察
  • 拡張現実技術を応用した観光ガイドシステム開発についての研究
  • 映像制作における音楽と映像切り替えに関する研究
  • 3Dキャラクタを用いた携帯用対話システムについての研究
  • 空撮映像を用いた都市計画に関する研究
  • プロスポーツと連携した4K映像記録についての研究
  • レーザーカッターを利用した好印象を与える包装デザインの研究
  • 3次元スキャナによる被爆建物のデータ化に関する研究
  • ボディスキャナを用いた体にフィットする衣服の制作
  • カラー3Dプリンタを利用した広島のジオラマ制作
  • 企業との連携による使いやすい携帯電話カバーの制作