KqYRCpBhemI
  • 教員紹介
  • 学科長 : 信廣 友江

    安田女子大学文学部日本文学科卒業。神戸大学大学院総合人間科学研究科博士後期課程修了。博士(学術)。広島県立高校教諭として勤務の後安田女子大学へ。故井上桂園先生に師事し、漢字書を中心に作品を制作。博士論文テーマは「占領期における小学校『習字』教育の存廃に関する研究」。

漢字書法・書道教育学・書道教育史

 書の分野について、中国では一般に「書法」、韓国では「書芸」、そして日本では「書道」と呼んでいます。すべて同じ「書」ですが、そこはやはりお国柄、それぞれ独自の特質を持っています。
 書道をより専門的に学ぼうとすると、楷書はまず初唐の三大家、行書・草書は東晋の王羲之…と、私たちの視点はまず中国に向きます。もちろん書の淵源は中国にあり、中国を学ぶことは必須です。しかし、中国の書を受容し咀嚼して仮名を生み出し、和様の表現を創造した日本の書はまた独立した存在といえます。
 こうした、私たちの拠って立つ足元を確実に固めつつ、その立ち位置から中国や韓国、そして人の移動とともに欧米など異文化圏へと広がる書の文化を大きく展望していくことも大切なことと思います。

  • メッセージを閉じる メッセージを見る
  •  「書道」…というと少し古めかしい印象を持つ人がもしいるとしたら、それはとても勿体ないことです。「書道」を、「書という分野を示す、社会に広く定着した語」ととらえてみましょう。そうすると、書の可能性は限りなく広いものであることに気づくと思います。書道学科の「書道」は、そうした、書のすべてを包含する「書道」です。「書」と「書に繋がるすべて」が学修対象。書の基本を学びたい、上手になりたい、表現力に磨きをかけたい、書の歴史や理論に詳しくなりたい、子どもたちへの教え方を知りたい、高校の書道教員になりたい、グラフィックデザインと書をコラボさせたい、水墨画を描きたい、多くの人と書で交流をしたい、等々…。「書」をキーワードに、あなたの個性を自由に開き、伸ばせるところ、それが安田の書道学科です。あなただけのステージを沢山準備しています。大好きな書道、大学でしっかり学んでみませんか。
  • 谷口 邦彦

    筑波大学芸術専門学群書コース卒業、同大学院芸術研究科書分野修了。県立高等学校で7年、広島大学附属中・高等学校で8年間、教諭として勤務。2003年に安田女子大学に就任。漢字作品を中心とする書作品の制作に取り組むほか、小中学校の書写と高等学校の書道授業の改善法を研究中。

漢字書法・書写書道教育学

 漢字文化圏に暮らす我々にとって、文字を書くことの営みは、長い歴史と一致するほど長く、さらに、上手く書きたいという先人の自発的な意識によって受け継がれてきました。時代とともに書体書風は遷り変わりますが、優れた文字がお手本として尊ばれ、良き指導者も自然と生まれます。優れた文字とはどういうものか、文字を書くことの指導とはどうあるべきか、情報機器がさらに発達する将来においても、文字を書く限りこの思いは変わらないでしょう。書写書道に関する研究は、歴史研究、理論研究、実践研究と多岐にわたりますが、明らかになっているのはほんの一部分に過ぎません。他の学問分野に比べ、研究者が少ないのも一因になっています。

  • メッセージを閉じる メッセージを見る
  •  「書道をやって何になるの?」という声が周りから聞こえてきませんか。「好きだからやるのだ」と答えてください。「好きこそものの上手なれ」のことわざどおり、好きなことを探究することこそが生きる力になると信じます。書道家になる人、一般企業で働く人、教員になって教える人と進路は様々ですが、どのような職種に就いたとしても、皆さんの世代で字を正しく上手に書ける人は少なく、これからは「希少価値」が生じてくるように思います。書道学科には字を書くことが好きな学生が集まっています。書の好きな仲間と切磋琢磨しながら文字を磨き、自らをも磨いてください。長い人生を生き抜こうとする時、安田で書道を学んだということがかけがえのない財産になっていくに違いありません。
  • 増田 知之

    京都大学文学部人文学科歴史文化学専攻東洋史学専修卒業。同大学院文学研究科歴史文化学専攻東洋史学専修博士後期課程修了。博士(文学)学位取得。博士論文のテーマは「明代書法文化史研究―法帖刊行に見る「書」文化の諸相―」。2014年に本学に着任。

漢字書法・中国書法史(特に法帖に関する研究)・中国明清時代文化史

 私は、幼少期に習い始めた書をより深く追究するために、大学入学後より現在に至るまで、書の源流である中国の歴史や文化について研究を続けてきました。激動の中国史の中で、書という文化が一体どのようにして発展、展開、そして変容していったのか、様々な書蹟や文献史料を駆使して、その実態の解明を目指しています。また、最近では中国のみならず日本や朝鮮にまで考察対象を拡げ、相互の比較研究を試みています。

  • メッセージを閉じる メッセージを見る
  •  皆さんにとって「書」とはどのような存在でしょうか。芸術としての書、デザインとしての書、実用としての書、教育の中での書、教養・文化としての書…。このように書には様々な「顔」があり、またそのどれもが書の「入り口」といえます。皆さん一人一人がもっている書についてのイメージや考え方を、書のもつ豊かな広がり(多様性)の中でゆっくりと解きほぐし、混ぜあわせ、そしてそれぞれの目指すべき新たな書を探してゆきましょう。

教員・研究テーマ

  • 氏名役職研究内容
  • 内田 誠一教授中国古典文学(特に宋之問・王維)、書法金石学、短冊学
  • 谷口 邦彦教授漢字書法、書写書道教育学
  • 信廣 友江教授漢字書法、書道教育学、書道教育史
  • 萩 信雄教授書論・書道史・金石学
  • 高木 久史准教授日本中世・近世経済史、博物館学
  • 増田 知之准教授漢字書法、中国書法史(特に法帖)、中国明清時代文化史
  • 髙橋 佑太助教漢字書法(特に古文字を中心とする篆書)、書論、書道史