fLLYh4cirpc
  • 授業紹介

ゼミナール紹介

演習テーマ英語コミュニケーションと日本

  • 畑井 淳一専門分野は英語コミュニケーション。1989年より24年間オーストラリアに渡り、オーストラリア人日本語教師の養成に務める。現地で、応用言語学と、教育学(外国語教育)の修士号を取得。現在は"英語コミュニケーション力をアップするために日本の知識がどれぐらい役に立つのか"を研究している。

専門性に+α(アイデンティティ)、笑顔で対応できる英語力を養う

 国際化する日本、世界が注目し始めた日本文化をビジネス、観光、語学領域と関連させて学んでいきます。6か月のハワイ留学も視野に入れてコミュニケーション力も高めていきます。授業では、「平和」の知識をもって修学旅行生を案内したり、「日本」の知識をもって外国人観光客のガイドを実践したりして、「なぜ日本人は英語が上達しないのか」、「なぜコミュニケーション力が必要なのか」を体験的に学びます。重視しているのは文法や語彙よりもスピード理解。英語での交流を通して、間違いを恐れる気持ちを払拭していきます。夏は宮島、秋は平和公園での外国人インタビューやオーストラリア人日本語研修生のガイドを体験しながら、日本に関する知識を蓄積しながらコミュニケーション力を磨いていきます。

外国のことはもちろん、自国のことや自分自身についても理解を深める

 広島県や市の観光課とのコラボレーション企画にも取り組んでいます。文献を紐解くばかりでなく、アンケート調査やインタビューを通して異文化を理解し、将来のキャリアにつなげていくことを目指します。学内では日ごろから全て英語で、英語コミュニケーション力(中でもリスニング)を育み、好奇心や協調性、知識不足も補いつつ、「習うより慣れろ」を実践します。グローバル化と観光立国をめざす日本において英語は必要不可欠なものですが、それ以上に自分たちのアイデンティティが問われています。海外でのビジネス展開には海外や日本の現況を収集することが重要で、新聞・ニュースでの情報交換も毎時間行っています。

  • 外国人観光客へ原爆ドームを案内する学生

授業紹介

  • 国際観光論

    観光産業の動向を把握

    国際観光市場の規模、各国の観光産業の規模等を理解するとともに、日本の国際観光の現状を把握します。また、日本の外国人観光客の受け入れの整備状況や誘致の方法等を他国の施策と比較します。

  • 観光経済学

    観光を経済学手法で分析

    観光活動は、観光客と観光産業との間に発生する経済現象であり、地域経済や国民経済にも影響を与えるものです。この授業では、観光活動に見られる経済的な現象を経済学の視点から概観します。

  • リーダーシップ論

    実践的なリーダーシップを身につけよう!

    リーダーに求められる資質や知識とは何か、メンバーとの関係はどのように構築するか。この授業では、これらをグループワークを通じて学びます。後半では、企業から提示いただく課題に対しグループごとに提案を行います。

  • 比較文化論

    異文化との共生をめざして

    日本をはじめとして、様々な国や地域の文化を学びます。異文化や他者に向き合うことで、自文化を確認し、自己を見つめるきっかけとするとともに、多様なものを受け入れることのできる人材になることをめざします。

  • 日本文化演習

    英語で発信、Cool Japan!

    グローバル感覚を磨くには日本文化への造詣が不可欠です。生活習慣から、神道、茶道、華道、書道、剣道等日本の精神や美意識をEnglish Onlyで語り合い、海外に発信できる話題とスキルを育みます。

  • 実用ビジネス英語Ⅲ

    ビジネスで活躍するための英語力修得

    国際ビジネスの場で必要とされる効果的なパワーポイントプレゼンテーションやグループディスカッションを英語で行えるように、ビジネスライティング等のビジネス英語力や英語コミュニケーション能力を高めます。

  • ヒューマンサービスマネジメント

    品のある接客サービスをめざして

    ホテルや観光サービス等、人が人にサービスを提供するヒューマンサービスの領域において、いかにすれば顧客満足度を上げることができるのかを、顧客、及び、そのサービスを提供する組織の視点から考えます。

  • 都市政策ワークショップ

    若さで街をフレッシュに!

    まちづくりや都市再生に関わる専門家を外部から招き、都市政策やまちづくり政策の考え方や手法について学び、ディスカッションも行います。実際にまちを歩き、政策の点検も行うと同時に今後の課題についても考えます。

  • ツアービジネス論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

    魅力的なツアーを企画しよう!

    アメリカ観光、ヨーロッパ観光、アジア・アフリカ観光をテーマに、各地域の主要な観光地や都市の魅力を、世界遺産、文化、都市づくり、レジャー・リゾート、自然等との関連から探ります。観光ツアーも企画します。

  • 海外インターンシップⅡ

    海外の企業で就業体験

    ハワイ留学中に観光やサービス関連の企業で短期のインターンシップ研修を行い、実践力を身につけます。研修後には研修成果を纏めるとともに日米の企業の文化・慣習等の違いを整理しプレゼンテーションを行います。

主な卒論テーマ

  • 日本は観光立国になれるか
  • 広島の国際的認知度に関する研究
  • 日本の航空業界におけるLCCの現状と課題
  • 世界のテーマパーク経営比較
  • ホテル業界の現状と課題
  • 航空会社のマーケティング戦略
  • 観光地と交通システム
  • 神楽の里のインバウンド施策
  • 地域資源の観光資源化
  • 観光立国の現状と課題
  • サービスマネージメントと顧客のロイヤルティー
  • テーマビレッジの構築と経営
  • グリーン・ツーリズムによる村おこし
  • グローバル社会における人的資源管理
  • 観光地の環境問題と対策事例研究
  • 現代における東アジア事情
    ―日本が台湾人に愛される理由―
  • アメリカ映画の構造分析
    ―「17歳のカルテ」を事例として―
  • 移民たちのオーストラリア
    ―世界を惹きつける理由―
  • モロカンデザインの源流を訪ねて
    ―イスラムから見るモロッコの景観と暮らし―
  • Mega-events and Tourism
    ―Expos and Olympics―
  • Globalization and Localization in The Hospitality Industry