dHESKoIsGb8
  • 教員紹介
  • 学科長 : 楠 幹江広島大学教育学部卒業後、大阪市立大学大学院家政学研究科修士課程修了。アメリカKansas State University留学。留学後、広島大学医学部にて衛生学教室の研究生となる。医学博士。人間と衣服の関係を人体側からアプローチする研究に取り組んでいる。主な著書『布文化の科学・十話』(化学同人)

家政学・衣環境学分野における研究。主な研究課題は、寝具及び冷え症。

 人間―衣服―環境系における衣の分野を主要課題としています。衣服は私たちの体を守り、心を表現する最も身近な友人です。どのような衣服を着用すれば、健康で快適で楽しい生活が送れるのか、科学的なデータを基に検討しています。ここでの健康は、WHOの健康の定義に沿った内容を意味しています。すなわち、肉体的(体温調節の補助など)・精神的(ファッションなど)・社会的(TPOなど)側面を重視した内容です。昼間の衣服はもちろん、夜間の衣服、すなわち寝巻や寝具についても研究しています。

  • メッセージを閉じる メッセージを見る
  •  ようこそ家政学部へ、そして、生活デザイン学科へ。生活デザイン学科の目的は、一人ひとりが、幸福な生活を具体的な形でデザインし、実践する力を身に付けることです。では、幸福な生活とはどんな生活でしよう。私は、心身共に健康な生活だと考えています。幸福な生活をデザインするためには、知識と技術が必要です。先人たちが残してくれた衣・食・住の知識と技術を、現代というキーワードで身に付け、新たな知識と技術を得ていきましょう。この力さえ身に付ければ、どんな職業でもやさしく対応できますし、どんな境遇でも、つよく生きていけます。日々の生活の大切さに気づき、生活を向上させる知識と技術を生活デザイン学科で学びましょう。キャンパスには、”柔しく剛い”伝統が、確かな形で受け継がれています。あなたとの出会いを楽しみにしています。
  • 藤本 和男大阪市立大学大学院工学研究科都市系専攻修了。工学博士。一級建築士。APEC建築家。インテリアプランナー・インテリアコーディネーター。日本建築士事務所協会連合会奨励賞、日本建築学会作品選、デザインフォーラム、インター・イントラスペースデザインセレクションなど受賞。

建築計画・建築設計

「建築空間をプログラムする」
 建築における計画とはProblem Seeking(問題を発見すること)です。人間生活と建築空間の関係という視点から、生活の基本的空間である住居の問題や各種建築における計画上の問題を分析し、これからの建築空間をプログラムします。また、設計では唯一無比の正解というものはありません。深い洞察と創造力からプログラムされた新しい空間を提案し、具体的に形にできるのが、いちばんの魅力です。

  • メッセージを閉じる メッセージを見る
  • 「想いを形にする」
     建築や都市の空間は視覚的・デザイン的な美しさや魅力は重要な要素ですが、それと共に、利用者が日常的に空間を楽しく利用できることが大切です。
     建築に必要なのはまず建物を建てる技術。それにデザインとアイデアが加わると、面白い建築ができます。しかしそれだけではいわゆる〝ハコモノ〟です。建物の利用者や、そこで暮らす人々の生活を気遣うことができて、初めて建築に生命が通います。人を気遣うのが得意な女性は、建築の仕事に向いています。女性ならではの細やかな気遣いは、建築のあらゆる領域で生きてきます。
    こんなものがあったらいいなと想うものを自分でイメージし、それを具体的に模型で形にすることができる設計の楽しさと空間デザインの面白さを学んで下さい。
  • 友末 亮三広島大学理学部数学科卒業。東京大学大学院教育学研究科修了。学術博士。全日本テニス選手権4回出場。著書「一週間テニス(ダイヤモンド社)」「快適庭球生活術(KKロングセラーズ)」「積極的マイナス思考のすすめ(スキージャーナル)」など。

スポーツ科学(スポーツにおける巧みさの獲得と指導に関する研究)

 講義科目(からだの科学、運動生理学など)では、女性の心身の特性を踏まえたスポーツ・トレーニングの理論、およびそれにもとづく具体的方法を紹介しています。実技科目(健康スポーツ)では、身体運動を通じて事物の本質的理解(肌で分かる・体感する)のための基礎技術を修得させ、生涯教育としての心身の健康教育・運動習慣の基礎作りを行っています。

  • メッセージを閉じる メッセージを見る
  •  皆さんの周りには、たくさんの小石が転がっています。中には、磨くと宝石になる石が、あるかも知れません。しかし、その小石が「宝石だ」と気付くかどうか、自分にとって「大事なもの」と感じるか感じないか・・・そこに人が伸びるかどうかの、大きな違いがあるように思います。授業はもちろん、クラブ活動、アルバイト、そして日常の生活も含め、学生時代の生活の一瞬一瞬には、学べることは数限りなくあります。それを学ぶかどうかは、皆さん次第。とりあえずは、拾った小石を1個1個磨いていくことから始めましょうか・・・

教員・研究テーマ

  • 氏名役職研究内容
  • 青木 克仁 教授 言語哲学、社会哲学、公共哲学、環境倫理学、生命倫理学
  • 楠  幹江 教授 健康で快適な衣生活をデザインする方法に関する研究
  • 友末 亮三 教授 スポーツにおける巧みさの獲得と指導に関する研究
  • 藤本 和男 教授 建築・都市の空間論・設計論の実践的研究
  • 山内 一晃 教授 風土や地域からみた建築設計・環境デザイン
  • 庄林 愛 准教授 調理学、食情報が食生活に及ぼす影響に関する研究
  • 中村 誠吾 准教授 耐震性と耐風性を備えた建物の骨組に関する研究
  • 能勢 晶 准教授 食品学、嗜好品科学、応用微生物学
  • 宮川 博恵 准教授 建築・環境色彩とその評価に関する研究
  • 門田 恭子 准教授 実践ビジネス英語教育研究
  • 一色 玲子 助教 家庭科教育、被服製作学習の目標・評価に関する研究
  • 野々村 真希 助教 家庭の食品ロス、フードシステム論、消費者の食行動
  • 山田 俊亮 助教 建築構造システム・歴史的建造物の保存修復に関する研究
  • 加藤 奈々 助手 食品素材に含まれる機能性成分の単離および化学構造研究