• 健康生活学専攻

専攻の目的

健康な人間生活を形成するために、科学的根拠に基づき研究
 本研究科は、家政学の高度な専門的学識を教授し、健康生活を実現するための学際領域の研究を展開します。今日的課題である健康寿命の延伸に向けての解決手段を提案し、実践的で創造的な研究能力のある、社会に広く貢献する自立した人材を育成します。

専攻の特色

真の健康を実現するエキスパートを養成
 家政学部における生活デザイン学科と管理栄養学科を統合し、両学科の共通理念である真の健康を実現するためのエキスパートを養成します。健康な人間生活を形成するために、カリキュラムでは、人体内部環境の実態と改善を研究する内容、人をとりまく衣・住環境など生活環境の実態と健康への影響を研究する内容の2分野を設定しています。修了後に活躍が期待できる進路としては、大学教員、専修免許状を有した中学校・高等学校教員、指導的役割を果たす管理栄養士、各業種におけるスペシャリスト(デザイナー、建築士など)があります。

2016年度入学生 カリキュラム

修士課程

  • 基本科目
  • 健康生活学特論
  • 疾患リスク管理学特論
  • 統計的調査方法論
  • 展開科目(内部環境分野)
  • 食品機能学特論
  • 食品機能分析学
  • 調理科学特論
  • 免疫学特論
  • 医療栄養学特論
  • 脳機能形態学特論
  • 高次脳機能学特論
  • 健康栄養学特論
  • 健康食生活学特論
  • 生活習慣病リスク学特論
  • 健康教育学特論
  • 健康教育学演習
  • 展開科目(生活環境分野)
  • 生活環境学特論
  • 衣環境学特論
  • 衣服造形材料学特論
  • 住空間計画学特論
  • 住空間設計特論
  • 繊維資材学特論
  • 人間心理学特論
  • 環境微生物学特論
  • 生活情報学特論
  • 生活情報学演習
  • 生活教育学特論
  • 生活教育学演習
  • 実践科目
  • 内部環境プロデュース実践演習
  • 生活環境プロデュース実践演習
  • 特別研究

取得できる免許・資格

  • 高等学校教諭専修免許状(家庭)
  • 中学校教諭専修免許状(家庭)

学生メッセージ

先生に助言をいただきながら指導者としての経験を積んでいます。
家政学研究科健康生活学専攻 修士課程在籍(2014年取材時
家政学部生活デザイン学科 2012年3月
西部 友理さん
3_14_5p01.jpg
 本研究科は2013年に新設されたため1年間社会人を経験した後、大学院へ。社会の厳しさに触れたことで、改めて学べる喜びを実感しています。現在は、中学校の非常勤講師や学部生の授業をサポートするティーチングアシスタントをしつつ研究を進めています。指導方法や声掛けなどで悩んだ時は、すぐに先生方から適切なアドバイスをいただけるので心強いです。2年次では教員採用試験の合格をめざすとともに、生徒に何でも教えられる"お母さん"のような教師になるため、知識を深めていきたいと思います。
  • 研究テーマ食生活の向上を目指した調理の学習指導方法