• 日本語学日本文学専攻

専攻の目的

広い視野・高い適応能力を培い、地域社会の指導的人材を育成
 充実した教授陣のもと、日本語および日本文学に関するさまざまなテーマを、多角的な視野のもとに深く追究します。日本語学・日本文学に関する高度な専門的知識と研究能力とを涵養し、今日の社会に寄与する道を主体的に探りながら、教育界をはじめ地域社会の関係分野で指導的役割を果たす人材の育成をめざします。

専攻の特色

社会への貢献をめざし、各自の目標・ニーズに即した専門的研究
 博士前期課程は、「日本語学」「日本文学」(日本文化論を含む)「国語教育学」の3研究分野と「共通科目」で構成。そのうち「日本語学」では日本語の研究のみならず、日本語と外国語との対照研究も行い、「日本文学」では古代から現代にいたる文学作品・歴史資料の厳密な読解を通じて、深い問題意識のもとに課題を追究、「国語教育学」では国語教育の基礎理論と実践的な内容・方法を探究します。「共通科目」の授業では、幅広い学究的視野の育成に努めると同時に、教師にとって必要な、実際に即した専門的国語力の養成に努めます。また、博士後期課程は、「日本語学」(国語教育学を含む)と「日本文学」(漢文学・日本文化論を含む)の2研究分野で構成され、学界・社会に寄与する研究をめざします。

2016年度入学生 カリキュラム

博士前期課程

  • 日本語学
  • 日本語史特論
  • 日本語文法学特論
  • 日本語音韻学特論
  • 日本語方言学特論
  • 日本語史演習
  • 日本語文法学演習
  • 日本語音韻学演習
  • 日本語方言学演習
  • 日本語学特別研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 日本文学
  • 古代日本文学特論A・B
  • 中世日本文学特論A・B
  • 近世日本文学特論A・B
  • 近代日本文学特論A・B
  • 古代日本文学演習A・B
  • 中世日本文学演習A・B
  • 近世日本文学演習A・B
  • 近代日本文学演習A・B
  • 日本文化論特論A・B
  • 日本文化論演習A・B
  • 日本文学特別研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 国語教育学
  • 音声言語教育学特論
  • 作文教育学特論
  • 読書・読解教育学特論
  • 漢字・語彙教育学特論
  • 音声言語教育学演習
  • 作文教育学演習
  • 読書・読解教育学演習
  • 漢字・語彙教育学演習
  • 書写教育特論
  • 書道教育特論
  • 書写教育演習
  • 書道教育演習
  • 国語教育学特別研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 共通科目
  • 漢文学特論
  • 漢文学演習
  • 口頭表現実践研究
  • 文章表現実践研究
  • 現代文理解演習
  • 古代理解演習
  • 漢文理解演習
  • 国語教育課程実践研究
  • 国語教育指導実践研究
  • 書写教育実践研究
  • 書道教育実践研究

博士後期課程

  • 日本語学・国語教育学
  • 日本語発達史特殊講義A・B
  • 現代日本語特殊講義A・B
  • 国語教育学特殊講義A・B
  • 日本語学・国語教育学特殊研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ
  • 日本文学
  • 古代日本文学特殊講義A・B
  • 中世日本文学特殊講義A・B
  • 近世日本文学特殊講義A・B
  • 近代日本文学特殊講義A・B
  • 漢文学特殊講義A・B
  • 日本文化論特殊講義A・B
  • 日本文学特殊研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ

取得できる免許・資格

  • 高等学校教諭専修免許状(国語・書道)
  • 中学校教諭専修免許状(国語)

学生メッセージ

専門知識を養い、生徒の前に立つ自信を得たいです。
文学研究科日本語学日本文学専攻 博士前期課程在籍(2014年取材時)
文学部日本文学科書道文化専攻 2014年3月卒業
金子 恵美さん
3_14_1p01.jpg
 進学を考えたのは、専門知識を身につけたいなら大学院に進学してはと先生に勧めていただいたことがきっかけです。大学院で学ぶ先輩が自信を持って輝いている姿を見て、私も先輩のようになりたいと思い進学を決めました。大学院では、中学校教育での漢字の"書き"について、情報化社会が進む中でどう対応していくべきか研究を進めていきます。将来は、生徒一人ひとりに柔軟な対応ができる先生になるのが夢です。2年次には非常勤講師として教壇に立つチャンスもあるので、ぜひ挑戦したいと思います。
  • 研究テーマ漢字教育について