i5z3Rs29rTY
  • ゼミナール紹介
  • 学科長 : 箱田 雅之教授  食事や運動など普段の生活習慣が病気とどのように関係しているのかを研究するため、アンケート調査や器械を使っての測定を行っています。写真は動脈硬化を測定する器械です。体脂肪や骨密度、代謝量を測る器械もあり、ゼミのメンバー全員で楽しく研究を行っています。
  • 佐々木 英夫教授  「スポーツ・運動による健康づくり」をモットーとして楽しく勉強しています。今年度はアスリートの健康を主なテーマとして、試合前のコンディションと栄養を中心とした様々な要因について研究しています。
  • 西田 信子教授  地域の高齢者の料理教室を通じて、おいしい料理作りやプレゼン能力を身につけます。
     時には失敗もありますが、温かく見守ってくださる高齢者の温かさが達成感につながります。卒業研究では、健康教育の手法や成果を探りながらヒトの行動変容を目指します。
  • 井上 典子教授  医食同源と言うように、健康を維持するには食養生が大事です。健康状態をいろんな方向から非侵襲的な方法で評価し、食事や生活習慣と疾病発症の関連を検討しています。動脈硬化や疾病予防に貢献できればと思っています。
  • 荒尾 恵介准教授  本研究室では食習慣と健康との関係の検討,効果的な学習教材の開発等に取り組んでいます。画像はゲーム感覚で学べるカード型教材を使っているところです。その他にもアンケート調査やインタビュー調査も行います。
  • 小長谷 紀子准教授  甘味、塩味、酸味、苦味、うま味といった食べ物の味をもたらす成分を呈味(ていみ)成分といいます。食品を高温加熱することで呈味成分にどのような変化が起こるのでしょうか。現在、主に呈味性ヌクレオチドを使い、「人がどう感じるか」を知るための官能評価と機器による成分分析を行っています。また、地域の伝統的な食生活に関する調査を行なっています。
  • 清水 利朗准教授  私たちの研究室には、現在3年生9名、4年生7名の計16名が在籍しており、主に食品から分離される乳酸菌に関する研究を行っています。これまでに自家製の漬物類などからLactobacillus属やCarnobacterium属の乳酸菌を分離してきており、そうした菌の性状や遺伝子の構造を分析し、ヒトの健康維持に役立つような新たな利用方法について調べています。
  • 森田 規之准教授  栄養素や生活習慣が、脳神経系の発生・発達や機能の発揮に及ぼす影響を研究します。視床下部を中心とした摂食制御神経回路の形成、腸内細菌叢の変化と細菌が産生する生理活性物質の脳への作用に注目しています。
  • 渡邉 喜弘准教授  渡邉ゼミでは、米粉を使った料理を研究しています。米粉麺を使用した和食・中華・イタリアンや米粉パンなどにトライし、味付けを変えたり、粘性を持つ食品を加えたりして、米粉料理のおいしさを追求しています。香り・味・食感・外観・温度などのファクターを考えながら、楽しみながら日々取り組んでいます。
  • 小倉 有子准教授  本ゼミでは、乳・幼児期の食物アレルギー、成長期の拒食や肥満、成人期の生活習慣病、また肌質と栄養量との関連など、幅広いテーマに取り組んでいます。人間の誕生から成長期を経て高齢期に至る間の、食の果たす役割の重要性を、自らの力で仲間とともに深く研究していきます。
  • 嶋田 さおり講師  嶋田ゼミでは、栄養教育や調理科学に関する研究を行えます。現在のゼミ生は2人で、若年者の食生活に関する調査研究を行っています。いつも仲良く時には励ましあいながら楽しく過ごしています。
  • 白井 睦子講師  ゼミでは、さまざまな食品の抗酸化活性について研究をしています。多くの食品に含まれている植物の色素や苦味成分であるポリフェノール含有量や活性酸素消去能を測定することによって食品の抗酸化活性を調べています。
  • 西村 美津子講師  生涯にわたる健康を保持・増進するための取り組みとして、乳幼児期からの食育は重要です。本ゼミでは、小児期からの食に対する意欲(食欲)や、興味・関心の定着、食嗜好や食行動、食環境をテーマとして研究に取り組んでいます。
  • 野瀬 由佳講師  本ゼミでは、「月経周期による生理応答の変化」について研究をしています。また「児童と生徒を対象に身体づくりと体力づくりを目的とした食育活動」も行っており、今年度は「簡単に出来るおいしい朝ごはん」のレシピを作成しました。

主な卒論テーマ

  • 家庭が学生の食意識、生活習慣等に及ぼす影響
  • 女子大学生のチョコレートに対する嗜好と健康の関係
  • 勤労女性の食事速度と精神的ストレス
  • 花粉症の感作後に起きる果物の口腔アレルギー症候群
  • 加熱方法の異なるマッシュルームの嗜好特性の評価
  • ミネストローネの加熱によるおいしさの変化
  • ハーブティーの生物機能
  • 健康茶の生物機能
  • 乳酸菌YI-1株の細菌学的性状に関する検討
  • 白菜の漬物からの乳酸菌の分離と同定
  • 糖質摂取が成績に及ぼす影響についての一考察
  • 高齢者の減量に対する意識と行動パターンについて
  • 安静時代謝量と体組成との関連
  • 辛い食べ物と動脈硬化について
  • 糖尿病患者の夜食習慣と食意識との関連
  • BMI別にみた糖尿病患者の食習慣との関連
  • マウス透明骨格標本の作製方法の検討
  • 脳にはたらく栄養素について
    ―神経伝達物質に注目して―
  • 米粉と小麦粉を配合したパンの特性の研究
  • 真空調理を利用した大根の煮物の物性