i5z3Rs29rTY
  • 学科施設紹介

施設紹介

  • 調理実習室

     食事を作るための調理技術を学ぶことも管理栄養士になるためには大切です。ここはこのための実習を行う場所ですが、清潔で能率的な実習ができるよう、明るく広い設備を準備しています。ここでは調理の基本的な技術だけでなく、病気の人のための献立を実際に作ることも行います。また、卒業研究のために、研究室単位で使用することもあります。

    • chori1.jpg
    • chori2.jpg

  • 解剖生理学実験室

     食を通じて病気の治療や健康の維持が管理栄養士の仕事です。そのため病気の知識が必要となりますが、まず人体の構造や機能をよく理解しておかなければなりません。講義を受けた後、この部屋で動物を使った解剖実習を行います。また、細胞レベルでも理解を深めていただくため、顕微鏡による実習も行いますが、十分な観察ができるよう一人一台ずつ使えるよう準備しています。

    • kaibo1.jpg
    • kaibo2.jpg

  • 共同実験室

     卒業研究では、一人一人が自分の興味をもとに疑問を追及していきます。実験などが十分行えるよう、広いスペースの研究室も準備しています。それぞれのテーマについて、教員が個別に指導を行いますので、きめ細かい教育を受けられます。

    • jikken2.jpg
    • jikken3.jpg

  • 給食経営管理実習室(調理)

     ここで給食の実習を行います。実際の給食を想定して、実習では100食を調理します。多くの食事を一度に作るため、調理用の鍋も大型です。栄養バランスが良くておいしい食事を以下に手早く作るかといったことはもちろん重要ですが、細菌などで汚染されないよう安全を確保することもとても大切です。そのため、部屋の中は清潔であることはもちろんのこと、調理前の食材と調理した後の料理とが決して混ざらないよう区分けした設計がされています。

    • kyusyoku1.jpg
    • kyusyoku2.jpg

    • kyusyoku3.jpg
    • kyusyoku4.jpg

  • 給食経営管理実習室(食堂)

     給食実習では、実際に作った食事を学生や教員に食べてもらい、味や量に加えて最適な温度で提供できたかなども確かめます。そのために、大勢が集まって食べるための場所も必要となるので、実習室のすぐ前にレストランのような雰囲気の明るく開放的な食事スペースを用意しています。ここは、普段の昼食にも使えます。

    • kyusyokukei1.jpg
    • kyusyokukei2.jpg