• 一人暮らしのサポート

遠距離通学

高速バスや新幹線を利用して、福山市や周南市など遠方からも通学できます。

安田女子大学がある広島市安佐南区安東やすひがしは、アストラムラインや幹線道路が近く、公共交通機関の乗り継ぎもスムーズなので、遠方からの通学も可能になります。東方面は三原市や福山市、西は山口県の岩国市や周南市からも通うことができます。

遠方からの通学レポート

バスの本数も多く、便利で快適。通学時間を上手に使いました。
5_5_1p01.jpg
藤井 真帆さん文学部書道学科
2015年3月卒業

福山市から高速バスで通学しました。自宅から大学までは約1時間50分。高速バスに乗っている時間は音楽を聞いたり、テスト勉強をしたりして過ごしていました。中筋駅から福山行きの高速バスは1時間に2〜3本出ており、最終バスも深夜0時前まであるので書道のパフォーマンスなどの練習で遅くなったときにも安心でした。中学校の同級生も安田に通っていて、バス停で偶然再会したときは驚きました。十分通える距離なので、後輩にもバス通学を薦めたいと思います。(2014年取材)

5_5_1p02.jpg

九州からのアクセス

九州新幹線が全線開通し、広島―鹿児島中央が2時間23分。
南九州がぐんと身近に

九州を南北に貫く九州新幹線が全線開通しました。「みずほ」と「さくら」が運行し、南九州までより早くよりスムーズに。
熊本や鹿児島など南九州出身の学生にとって帰省がとても便利になりました。

5_5_1p03.gif
九州新幹線の開通で広島と鹿児島の行き来が楽になりました。
5_5_1p04.jpg
白坂 有沙さん 薬学部薬学科
鹿児島県・池田学園池田高等学校出身

ずっと楽しみにしていた九州新幹線の開通で、広島と鹿児島がぐんと近くなりました。これまでは、帰省の際に飛行機を利用することもありましたが、雨が降ると運行しないこともあったので、不便に感じていました。新幹線が直通になり乗り換えもないので、スムーズに移動できることがうれしいです。短い休みでも気軽に帰省することができます。両親も広島に遊びに来てくれます。薬学部には九州出身者が多く、"九州会"を開いて仲良くしています。みんな九州新幹線の開通で故郷が近くなったと本当に喜んでいます。(2014年取材)