• 入試のポイント・Q&A

入試のポイント・Q&A

インターネット出願

以下の入試は、全て「インターネット出願」による受付となります。

  • AO入試
  • 指定校制推薦入試
  • 公募制推薦入試(専願、併願)
  • 一般入試(前期日程、後期日程)
  • 大学入試センター試験利用入試(前期日程、後期日程、薬学部薬学科特待生選抜)
  • 社会人特別選抜入試
※編入学試験・大学院入試は、紙願書による出願受付です。

<インターネット出願のポイント>

4_4point1_re.png

願書の取り寄せは必要ありません。
パソコンとプリンターがあれば、いつでもどこでも出願が可能です。
出願にかかる時間と手間を大幅にカットできます。

4_4point2_re.png

ガイダンス指示に従って入力するだけです。
記入漏れや書き損じの心配はありません。

4_4point3_re.png

支払方法(クレジットカード、コンビニ等)を自由に選べます。
クレジットカードなら自宅で決済ができます。

「併願しやすい入学検定料に設定しています。

大学入試センター試験利用入学試験 5,000円
AO入学試験、指定校制推薦入学試験、公募制推薦入学試験、
一般入学試験、社会人特別選抜入学試験
15,000円

  ※出願1件あたりの入学検定料です。

多くの受験機会と多彩な入試制度

本学では、志願者の皆さんの多様な能力・個性を評価するため、多くの受験機会多彩な入試制度を設けています。

<入試制度の概要とポイント>

4_4p01.gif
  • 文学部書道学科では、センター利用入試を除く全ての入試制度において、書道実技を課します。
  • 短期大学保育科では、センター利用入試を除く全ての入試制度において、面接と音楽実技(声楽・ピアノ)を課します。

公募制推薦入試は専願と併願を同時に出願可能

  • 公募制推薦入試には、専願制の「公募制推薦入試(専願)」と、併願制の「公募制推薦入試(併願)」があります。いずれも、自己推薦制の入試のため、出身学校長の推薦および推薦書は不要です。
  • 「公募制推薦入試(専願)」は、合格した場合、入学することが確実な方が出願できます。
  • 「公募制推薦入試(専願)」と「公募制推薦入試(併願)」は同時に出願が可能です。
    "同じ学科"でも、"異なる学科"でも同時に出願することができます。
    また、「公募制推薦入試(専願)」の合否結果は、「公募制推薦入試(併願)」の試験日よりも前に通知します

【例1】同じ学科に出願。仮に、専願が不合格であっても、併願でもう一度チャレンジできます。

【例2】 異なる学科に出願。専願で第一志望、併願で第二志望を受験することが可能です。
仮に、専願で第一志望の学科が不合格であっても、併願で第二志望の学科にチャレンジできます。

  • 「公募制推薦入試(併願)」は、併願制の入試のため、他大学(国公立大学など)との併願も可能です。また、本学の一般入試、大学入試センター試験利用入試で再度受験することもできます。

中四国・九州・沖縄に学外試験会場を設置

本学会場と学外試験会場を併せて、計15会場から受験地を選択できます。(入試制度・日程による。)
近隣の会場で受験すれば、移動にかかる負担を軽減できます。

【設置会場】

受験地AO
公募 (専願)
社会人
指定校
公募 (併願)
一般前期一般後期
A日程B日程C日程
広島 (本学)
米子
松江
岡山
福山
山口
松山
高知
小倉
福岡
大分
熊本
長崎
鹿児島
那覇
  • 短期大学保育科の受験地は、全ての入試制度において広島(本学会場)のみです。
  • 試験会場の詳細はこちらを確認してください。

入試Q&A

入試についてのよくある質問です。詳しくはこちらをご覧ください。